So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ふるさと ブログトップ
前の10件 | -

台風が来る前 [ふるさと]

8月13日 昼間は日田市で39.9度。


午前中にお墓参り。
空気がカラカラに乾いていて
うんざりする「熱さ」だった。


夕方 夫が迎え火を焚いた。


祖母山。

P8132738.jpg


P8132740.jpg


P8132742.jpg


久住山。


P8132746.jpg


P8132757.jpg


P8132751.jpg


P8132764.jpg



そろそろ台風の動きが気になりだした。


P8132770.jpg





8月14日。


午前中はいつもはできないところの掃除。
我ながら頑張った。


夫は火祭りの準備。


台風がこっちに向かっているらしい。
ヨットを回航しているOさんとMさんは小戸に入ったとか。
無理しないでくださいね。


16時過ぎ、国道沿いに並べてある松明に灯油を入れる。
各戸7本の受け持ちで、灯油を入れるのは隣保班長の仕事。
100本ぐらいはあるのかな。
空き缶を利用するのが主流。
灯油入れは初めて手伝った。



その仕事が済むと夫は大急ぎで別府へ。
増し舫いをするために。



19:30に火付けをする任務が私に与えられた。



台風が来るというのにその前触れはない。
でも、いつ雨が降り出すか気が気じゃない。


P8142776.jpg


19:30点火。隣保班の皆さんと火を点ける。


P8142795.jpg


もうこの時間は暗いんだ……。


川向こうの地区では「宝船」。
遠くの地区では石橋の形が見えた。
松明を準備できないお家も増えたと聞くけれど、
がんばっている地区もあるんだなあ。



P8142800.jpg


P8142803.jpg


P8142810.jpg


P8142813.jpg


P8142819.jpg


失敗写真がおもしろかった。


P8142817.jpg



日が変わって午前1時過ぎ。
雨が降り出した。


風はまだ吹いていない。
外に出ると ほこりっぽいような匂いの中に
かすかに飛行場みたいな匂いがしていた。









nice!(0)  コメント(4) 

記憶の中の田植え風景 [ふるさと]

梅雨空が続く毎日。
今年の田植えも終わりに近づいている。



P6162712.jpg




田んぼの風景を見ていると
子どもの時を思い出す。
束ねた苗の重みや泥の感触、稲の間を泳ぐおたまじゃくしやドジョウ。
タニシもいた。
圃場整備をする前の棚田や
地形に合わせた不揃いの田んぼの数々。



P6162690.jpg




遠い記憶は磨りガラスの向こうにあるようだが、
それが「かたち」となって
はっきりと思い起こさせてくれる場所がある。



P6110022.jpg




先日 謡と仕舞のお稽古会があった場所は
「俚楽の郷」という施設で、中にはホールや展示室がある。
陶芸教室もあるし、小さなレストランもある。
最近は、アロマセラピーの部屋もできていて「癒やし空間」みたいな感じだ。



P6032599.jpg




昔は酒蔵だった。



P6110003.jpg





ここの展示室には神楽の道具や農家の古い道具が展示されていた。



P6032637.jpg




現在の展示の中心はこの人の作品。



P6022516.jpg



数年前に亡くなった方だが
この人の創る「人形たちの風景」がすばらしいのだ。



P6032626.jpg



ずいぶん高齢になってから始めた人形作りなのに、
その技術はもちろん、とにかく記憶力がすばらしい。



P6032625.jpg



私が訪れたときはちょうど田植えの時期。



これまでに何度も見ている作品なのに、
絹さんの創る田植えの風景に
改めて驚かされた。


撮ってきた写真では十分にお伝えすることは難しいが
奥豊後の地の
かつての日本の美しい田植えの風景を
ご覧いただきたい。



P6022518.jpg



P6022519.jpg



P6022520.jpg



P6022524.jpg



P6022525.jpg



P6032627.jpg



P6032628.jpg



P6032629.jpg



P6032630.jpg



P6032632.jpg



P6032633.jpg



P6032635.jpg




季節毎に繰り広げられる
絹さんの世界に魅了されている。



また機会があれば他の季節の作品も紹介したい。



P6172793.jpg




nice!(0)  コメント(4) 

珍しい雪が降りました。 [ふるさと]

前回、「私たちのふるさとは雪が降らない。」と書いたばかりなのに、
その雪が降りました。

IMG0214A.jpg



31日の天気予報を聞いたとき、
雪がふる条件が整ったかなと思っていたのですが、
2月1日の早朝、どんどん降り始めました。


6時前、「出勤するなら今のうち」と思って
早々と家を出ました。
仕事場に着く25分間のうちに
どんどん雪がひどくなって
夫の四駆を借りてこなかったことを少し後悔したのですが、
無事到着。
LINEで「雪の写真を撮っておいて」と夫にお願いしました。


夫が撮ってくれた写真です。
こんな風景は本当に珍しい。


IMG0123A.jpg


IMG0204A.jpg



IMG0209A.jpg


夫は母親と一緒に雪見に車で出かけたそうです。


IMG0216A.jpg


IMG0219A.jpg



土曜日に山を眺めた台地も真っ白。


IMG0226A.jpg




私もちょっとだけ撮りました。


開花が近い紅梅も寒さに震えています。


P2013936.jpg



この雪は水分をたっぷり含んだ雪でした。


P2013940.jpg


この木の鳥たちの声をお聞かせできないのが残念。
周囲はとても静かなのに
いろいろな鳥の声がここだけ響いていました。

P2013956.jpg


桜は冬が寒いと美しさが違うと聞いていますが、
この春はきっときれいな桜が咲くことでしょう。


P2013960.jpg


お昼前には雪は細かくなって
午後には積もった雪もあっという間に解けてしまいました。



nice!(0)  コメント(6) 

雪が珍しい土地柄 [ふるさと]

日曜日の朝、うっすらと雪が降りました。

P1282570.jpg


これでも珍しい雪の風景です。


P1282571.jpg


P1282573.jpg


P1282575.jpg



今年は寒さが厳しく感じるのですが、
大雪にはならないままです。


P1282579.jpg


P1282584.jpg


珍しくて写真を撮っていたら
夫は何かの会議があると言って出かけていきました。


P1282586.jpg


雪はすぐに解けてしまいました。


P1282591.jpg



私たちが住むところはめったに雪が降りません。



夫は久住連山のせいだろうと言います。


P1272552.jpg


久住山の向こう側では雪が降ります。
こちらには冷たい北西の風が来るだけです。


九州の南に低気圧があって、寒気がどっと来たときだけ大雪になります。




……土曜日の夕方、夫と眺めのよい台地に行きました。


ここは夫の父の実家があるところで、
「原」と呼ばれているところです。
この辺りでは、「はら」と言わずに「はる」と言います。
360度の景観は見事です。


南に傾山、前障子岳、祖母山などの祖母山系。

P1272539.jpg


P1272546.jpg


西には遠くに阿蘇。この日は噴煙がみえました。

P1272560.jpg


北西に久住連山。

P1272558.jpg


北には由布岳がこんなふうに見えています。

P1272555a.jpg

大きくしてみましょう。

P1272555.jpg



東には高い山はないのですが、やはり小高い山々があって海は見えません。
私の影が写っていますね。

P1272554.jpg


こんな地形が穏やかな気候を作っているのでしょう。









nice!(0)  コメント(2) 

初詣 [ふるさと]

明けましておめでとうございます。
2018年が皆様にとってすばらしい一年になりますように。


P1012826.jpg


庭に来る鳥を眺めつつ
ぼんやりゆっくり過ごしております。
スズメ、メジロ、シロハラ、ヒヨドリ、ジョウビタキ……と
メンバーは去年とあまり変わりません。
今年は、ツグミが頻繁に顔を見せています。



P1012821.jpg


ジョウビタキを写したところでガラスが汚れているのに気づき、
正月にガラス磨き……というような相変わらずのわが家です。



……さて、運動不足の解消をかねて、
一日の午後、地元の神社にお参りに行ってきました。


P1012858.jpg

紅葉が美しかった神社です。


P1012862.jpg


P1012863.jpg



水路沿いに歩いて次の神社へ。
古い水車が昔のままに。

P1012880.jpg


P1012885.jpg




道路沿いの高いところにある小さなお社で手を合わせました。
なぜかこんなところに金比羅様。

P1012896.jpg



P1012887.jpg


P1012889.jpg



また水路沿いを歩きます。


P1012903.jpg




初詣によく来る神社です。
水路に架かった橋を渡って階段を上ります。

P1012906.jpg



P1012913.jpg



もうずいぶん陽が傾いています。


P1012914.jpg



祖母山がきれい。


P1012920.jpg



今度は違う井路の側を通って、帰ります。


P1012926.jpg



大きな月が昇るところでした。

P1012938.jpg

左の杜が最初の神社の杜。




二日の今日は、母と娘も一緒に竹田市にある大きな神社まで。


扇森稲荷神社、通称「狐頭(こうとう)様」。
けっこう階段を上りますが、
お母ちゃん、休み休みではありますが、元気に上っております。


P1022944.jpg

P1022958.jpg


P1022960.jpg


お母ちゃん、百までは大丈夫そうですな。


P1022963.jpg



家族みんなが元気でありますように。
おみくじは大吉でした。
ちなみに恋愛運は「この人となら幸福になれる。」でした。

幸せにしてね。



nice!(0)  コメント(6) 

本格的な冬の到来。 [ふるさと]

今日は木枯らしが吹いて冷たい一日でした。


昨日の振休で
今日はずっと家にいたのですが、
外を出歩く気にもなれず
パソコンの前で一日 ぼーっと
遊んでました。



土曜日は暖かで、
いつもの場所で「あそぼーい!」を待ちました。
実は夫の従兄弟がこれに乗って
帰ってくるのです。


ああ、久住山も白いですね。


PC090180.jpg


PC090183.jpg



来ました。


PC090187.jpg



通り過ぎて
駅に入っていきました。
夫が駅で迎えました。

PC090192.jpg


PC090194.jpg


PC090205.jpg


従兄弟が言うには
「乗客がとても少なかった。」

そうなんだ~。
というわけで、来週辺り 
ちょっと乗ってみようと話しています。


夜は夫のいとこたちと飲み会でした。


さて、今日の夕方、
夫の従姉妹から教えてもらったやり方で
また柚子ジャムを作りました。


飲み会の時に
「簡単に作れるのよ。」と
信じられない方法を教えてもらいました。


柚子を守ろうキャンペーンの第二弾になったわけですが、
これにはびっくり。


柚子を実と皮にわけて、
皮を細かく刻みます。
それを「炊飯器」に果汁と砂糖とともに投入。


スイッチを入れておくと……勝手に炊きあがり(?)ます。


DSC_0768.jpg



ええ~って感じですが、味も悪くないのです。
柚子らしい味があってこれはいいかも。
ちょっとびっくりの調理法でした。



nice!(0)  コメント(2) 

祭りの日 [ふるさと]

9月23日はこちらの祭りの日。
遠くから祭りの太鼓の音が聞こえてくる。


近くの小学校のグランドが祭り場で
近郷の神社の御輿が集結する。


今朝は彼岸花を撮っておこうと
カメラを持って道に出ていた。


P9230929.jpg



満開。


P9230926.jpg



まだしばらくは楽しめそう。


P9230919.jpg




彼岸花の向こうに御輿の行列が見えた。


P9230942.jpg


どの神社の御輿かな?


P9230935.jpg



とんとと とんとと  ………♪  

すぐ後ろから太鼓が聞こえた。


P9230951.jpg



こちらの地域は祭り場から遠いから、
御神輿は軽トラで運ばれる。



祭り場にはたくさんの御輿がズラリと並んで、
神楽や獅子舞や白熊(はぐま)の演舞をご覧になる。



写真を撮りに行きたいとは思ったのだが、
今日が祭りということをすっかり忘れてて
用事を入れてしまっていた。



だから、毎年 門舞に来てくれる獅子舞の社中と今年も会えなかった。



夫と母が応対して写真を撮ってくれていた。


P9230004.jpg


獅子舞の社中は、私の実家のある地域の人たちで、
嫁ぎ先のこの家まで毎年来てくれる。
冷たい麦茶を用意して待つのが恒例。



舞う人も囃す人も世代は変わったが、
馴染みの人たちが門舞に来てくれるのはうれしい。



夜は花火。
稲田の上に稲穂のような金色の光が広がった。


P9230031.jpg



P9230027.jpg



nice!(0)  コメント(2) 

台風直後 [ふるさと]

台風が通り過ぎた後から夕刻にかけての写真です。

お母ちゃんが気にしていた畑も無事。
台風の最中に畑に行くのはダメなんだよ~(>o<)

P9177515.jpg



午後三時頃、薄日が差してきました。

P9177524.jpg


今回は雨台風でした。
名残の風に花が揺れてピントが合いません。


P9177534.jpg



大きな虹が 一瞬 かかりました。


P9177531.jpg


P9177540.jpg




近所の橋に行ってきました。水はずいぶん減っていて安心しました。


P9177613.jpg


橋の上流。

P9177601.jpg



下流。

P9177616.jpg



ふだんは岩場があって、水鳥が羽を休めるような場所です。
(これは冬の橋のたもとの様子ですが……。)

P1080316.jpg


P1080323.jpg


今日はこんな様子。
ホントにひどい雨でした。

P9177599.jpg

P9177602.jpg



日没近く。


P9177569.jpg


近所を歩いてきました。


P9177548.jpg


P9177551.jpg


被害が気になります。
この時期に来て、倒れている稲を見るのはつらい。

この田んぼは水浸しでした。


P9177554.jpg


P9177566.jpg



P9177559.jpg


収穫がうまくいきますように。


P9177561.jpg




台風のおかげでスケジュールがずれまくり。
いろんなことが後に後に追いやられて、
せわしない秋になりそうです。



nice!(1)  コメント(2) 

大雨をもたらした台風 [ふるさと]

台風18号は消えただだろうか。
全国で爪痕を残したようで、被災された皆様のことを思うと胸が痛い。
心からお見舞い申し上げます。

……

今回の台風は、雨がひどかった。
川の近くに住む身としては
繰り返し送られてくるエリアメールにどきどきさせられた。



わが家の少し上流には
平野部に落ち込んだ滝があり、
そのおかげで わが家の前では
川はずいぶん低いところを流れていて、
通常 川面は家からは見えない。

が、今回はかなり水位が上がっていた。

P9177520.jpg



川に沿った国道を下流に走ると
道路は川の水面と近くなり、
大雨の時はかなりこわい。

雨が落ち着いて様子を見にいったが、この状態。
泥の臭いがした。
雨雲は去りつつあって、
もう大丈夫だと思って出てきたが
運転している夫に帰りを促した。


P9177413.jpg


P9177462.jpg


P9177426.jpg



今回もかなりの水が出たが、
ギリギリのところで事なきを得た。
平成のはじめの大水害の時は、
石橋や鉄橋が流木でやられた。



滝は、近くまでは行かなかった。
ズームで撮った。


P9177476.jpg


P9177479.jpg


ふだんのおだやかな滝。
P6110447.jpg



P6110439.jpg



P9177486.jpg


P9177493.jpg


P9177494.jpg




上流でこんな状況だから、下流の地域はひどかった。
今朝、地方紙の写真を見て改めて驚いた。
今回は県南の地方がひどかった。
佐伯や津久見、臼杵など
同僚からもたらされる情報には
かなり深刻な状態が感じられた。


もう少し降り続いていたら……と思うと
かなりこわい雨であった。


台風はもうこりごりである。






nice!(0)  コメント(4) 

9月になってひまわり [ふるさと]

最近 こちらで有名なのが
このひまわり畑。


P9036282.jpg



通勤途上にあるのだが、
8月の終わりになって急に出現し、
9月の始めには新聞に載ったりTVニュースになったりして
観光地になってしまった。


P9036285.jpg




聞くところによると
このまま田んぼの肥料になるという。
へえ、そんな農法があるのかと同僚の話に感心した。


P9036290.jpg




肥料になるとはいえ、あまりの見事さに
カメラマンが大勢押し寄せている。


P9036291.jpg



私も、先週の日曜日の早朝、車がいないときをねらって撮影したが、
気の小さい私は車を長く停めることはできなくて、
ほんの数分、ぱぱっと写してそそくさと
その場を離れた。


P9036295.jpg



この一週間、花はこの写真のときよりどんどん美しくなっていった。
霧のかかった朝などは
横目で美しい風景を見ながら、涙をのんで通り過ぎる。



P9036297.jpg



撮影者の車もかなり増えた。
もはや縦列駐車の中に割り込む勇気は無い。


P9036298.jpg



同僚が言うには、
「マナーを守って撮影しましょう。」と新聞に書かれてあったとか。
「駐車した車が邪魔。」という話で盛り上がるのを聞きながら、
何となくきまりの悪い思いをしている。




nice!(0)  コメント(4) 
前の10件 | - ふるさと ブログトップ