So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

姫路城③大天守に登る [旅]

4月22日姫路城の続きです。


P4224224.jpg



西の丸の見学を終わって
いよいよ大天守に登ります。


P4224225.jpg
大天守入り口のシャガの花

さて、6月には87歳になるうちのお母ちゃん(夫の母)は
ちょっと弱音を吐いておりました。


P4224227.jpg


「あそこには行かないで下で待つ。」と。


P4224241.jpg



しかし、人の流れにしたがって
大天守に入っていくと
気持ちが変わったようです。


P4224245.jpg


「どうしますか?」と聞くと
「のぼるで!」
(大分方言では「~するで」は強い意志を示します。)


P4224251.jpg



たぶん大丈夫でありましょう。
女学校時代は高低差のある二里の道のりを歩き通した人でありますから。




だんだん大変になる階段を
弱音も吐かずに登っていくお母ちゃん。
たいしたものです。


P4224252.jpg


P4224254.jpg


P4224258.jpg


P4224260.jpg


P4224262.jpg


P4224270.jpg


P4224271.jpg


P4224276.jpg


P4224278.jpg


P4224282.jpg




ついに最上階まで登りました。
長い廊下の長局が見えますね。

P4224286.jpg



P4224288.jpg



下りです。


P4224295.jpg


P4224298.jpg


しっかりした足取りで
国宝姫路城の大天守を攻略したおかあちゃんでありました。



P4224299.jpg


…………


昔 3歳の娘を連れてきたとき
元気娘は、自分で登るには登ったのですが、
最上階に登ったところで急に
眠気でぐずりだしてしまいました。
夫と交代でだっこしながら
大天守を降りたのでありました。



最上階からずっとだっこして姫路城を出て、
タクシーでホテルに向かって
やっとこさで部屋に着いて
そっとベッドに寝かしたとたん
目をぱっちり開いて
「今日は ここがおうち!」と
飛び跳ねて遊びだした……なんて思い出もあります。



……………


P4224306.jpg



石垣のことや大天守の柱のことなど
興味深いことはいろいろあったのですが、
ブログネタが切れたときにでも……。


また、いつか行く機会もあることでしょう。


P4224318.jpg





nice!(1)  コメント(2) 

姫路城②西の丸から攻略 [旅]

4月22日、姫路城の続きです。


P4224147.jpg



初めて姫路城を訪れたのは
娘が三歳の時のことでした。
初めての旅行に娘は大興奮でしたね。
姫路城と海遊館で遊んだ二泊三日の旅でした。


だっこして歩いた娘も今や立派に自立?
(当然と言えば当然)
おかあちゃんもしゃんと歩いております。

P4224148.jpg



「お客さん、今日は暑いですな。一緒にアイスでも食べませんか?」

P4224150.jpg


葉桜の下でアイスを食べてエネルギーを補給したら
いよいよ城内の見学です。




平成の大修理は2009年に着工し2015年に無事終了。
テレビで「白亜」の大天守を見たときは
あまりに真っ白でびっくりしたのですが、
今はずいぶん落ち着いた感じに見えます。


P4224152.jpg


P4224154.jpg



どこから見てもすごい。さすが世界遺産。
ヨーロッパの城にも引けをとらない威容だと思います。


P4224166.jpg




姫路城からもらったパンフレットには
「白亜の要塞を、攻略せよ!」というキャッチコピー。

P5064713.jpg



そこで,
西の丸から攻めることにします。


P4224174.jpg



P4224176.jpg



長局と呼ばれるこの場所は、自然の地形に合わせて作られた建物で、
居住空間ではありますが、要塞でもあります。
百間廊下とよばれる場所を延々とあるくのですが、
入り込む緑の光に誘われて外の風景を写したり、
説明を見たり聞いたり。
なかなか見所満載です。


P4224193.jpg


P4224178.jpg


P4224187.jpg


P4224200.jpg


P4224194.jpg


ときどき格子窓の隙間から大天守を眺めたり……。


P4224197.jpg


P4224202.jpg



化粧櫓と呼ばれるところには
かの千姫様がいらっしゃいました。

P4224207.jpg



そこから眺める大天守。


P4224206.jpg



昔来たときは2月だったので、
足が冷たくて冷たくてつらかったのですが、
この日は乾いた空気に
格子窓から入り込む風が気持ちよくて
「風薫る」なんて季語を思い出していました。


ときどき城内に放送が流れて
熱中症の注意を呼びかけていました。



P4224212.jpg



さて、あの大天守に登りまする。
87歳が近くなったおかあちゃんはどうするのでありましょうか。


P4224218.jpg




nice!(0)  コメント(2) 

姫路城①和船でお堀巡り [旅]

4月22日、姫路城です。

P4224000.jpg


お天気も好くて緑も輝くばかり。

P4224003.jpg


城内に入る前に
「あれに乗りたい!」と意見が一致。

P4224005.jpg


P4224009.jpg



早速手続きして乗り込みます。

P4224011.jpg



この日は他に用事があるわけでもなく
時間はたっぷりあります。
和船での船遊びに心も弾みます。

P4224012.jpg



緑と石垣とお城のコラボはステキ。
息つく暇もないような日々を送ってきたので、
久々にほっとする時間です。


P4224015.jpg


P4224018.jpg


P4224023.jpg


P4224025.jpg



白鷺城のカラス。

P4224024.jpg



船頭さんの名調子と艪漕ぎの音と……ゆっくりした時間が流れます。

P4224031.jpg



おかあちゃんも満足げ。

P4224032.jpg



石垣の表情もいろいろ変わって興味深いのです。

P4224034.jpg


P4224035.jpg


P4224037.jpg



桜の頃はきっとすばらしかっただろうと思うけれど、
新緑も見事な姫路城周辺です。

P4224036.jpg



和船は何隻かあるようです。

P4224038.jpg



石垣の組み方や歴史など
なかなか奥が深い姫路城。さすが日本一。

P4224041.jpg


P4224042.jpg




大手門前の桜門の下を船がくぐります。

P4224045.jpg


P4224046.jpg


P4224050.jpg


P4224054.jpg



橋をくぐって大天守が見えるポイントまで船は進みます。

P4224060.jpg


P4224064.jpg



緑の中に見える大天守はどんなだろう……とみんなカメラを構えて待ちます。

P4224070.jpg



ほお……。

P4224071.jpg


P4224078.jpg


きれいですねえ……。

P4224085.jpg



ここで折り返し。また趣の違う石垣を眺めながら戻っていきます。

P4224091.jpg


あ、白鷺城のすっぽん。

P4224098.jpg



鵜も居たのですが、うまく写っていませんでした。


P4224101.jpg


P4224111.jpg



また、橋の下をくぐって終点まで。


P4224116.jpg


P4224121.jpg


P4224124.jpg


30分程度の遊覧でしたが、
けっこう見応えありました。


お堀だけでこれだけ。城内見学はどんだけ時間がかかることやら……。





nice!(0)  コメント(2) 

4月28日 四国にいる理由 [旅]

4月28日AM9:00、先週に引き続き四国行きのフェリーに乗ってます。



目的はこれ?


3393db42[1].jpg



……だったらよかったのだけれど。





あ!ヨットが見えます。
宇和島に行くのでしょうか?


P4284473.jpg



遠すぎて船名が見えません。



P4284474.jpg



よいお天気ですが、少し荒れています。
でも、気持ちの好い海です。
明日はお天気になりそう……よかったo(^-^)



P4284475.jpg



フェリーの中にヨットの絵。


P4284480.jpg



八幡浜に到着後は
タクシーでJR八幡浜駅まで。



P4284484.jpg



宇和島ではなく松山方面へ向かいます。


P4284487.jpg



宇和島に行きたいよう。



P4284488.jpg



車窓には緑の山々。



P4284491.jpg



夫は先頭の運転席の側に張り付いたまま席に戻ってきません。




松山からはこれに乗って今治まで。

P4284495.jpg



列車から伊予灘が見えます。
あ!ヨット!!
宇和島へ?
松山沖にこの時間なら、違うかなあ……。



P4284497.jpg



……先週に引き続いて愛媛にいる理由は、これ。
娘が使っていた車のお迎えなんです。



P4284501.jpg



実は、3年間愛媛にお世話になった娘は、
今週末 新しい場所へと旅立ちました。
今後使う予定のない車だけは
引っ越し屋さんに頼むわけにもいかず
お迎えと相成ったわけです。



P4284505.jpg



今回は夫だけが今治まで行くはずだったのですが、
つい ふらりと私もついていくことに。
(今思えば、夫だけ今治に行って、私は宇和島に行ってもよかったかな。)


P4284502.jpg



今治の街には、もう行くことはないのかなと思うと
ちょっと寂しい気もします。



娘が長いことお世話になりました。



P4284503.jpg



お昼ご飯は、娘のお薦めの餃子と中華そばをいただきました。



P4284504.jpg



今治の港はいつか訪れることもあるでしょう。
次はヨットでね。


P4284509.jpg



結局 私はお城には行かないままでした。
(夫や姑は行きましたよ。)



P4284512.jpg



また、いつか。



P4284513.jpg



ご縁があれば……。



P4284514.jpg



再び八幡浜です。
宇和島までちょっとだけ行くことも考えたのですが、
次のフェリーになると
帰りが遅くなってお母ちゃんが心配するので。
涙を飲んで15:35発の臼杵行きに乗ります。



P4284518.jpg



蜜柑の花の香りが辺りに満ちていましたよ。
思いっきり吸い込んでフェリーに乗り込みました。



P4284519.jpg



ヨットがいないかなあ……と目を凝らしていたのですが、
白帆は見えません。



P4284526.jpg



P4284527.jpg



……この時間ならもう入港しているよね……と夫。



P4284528.jpg



去年のことを思い出して
そう言えばそうだねと言いつつもあきらめきれません。
かすんで見える宇和島の方向をずっと眺めていました。



P4284531.jpg



はっと気づいたら
あ! ヨットの白帆。
デッキに飛び出して写真を撮りました。



P4284534.jpg



「風太朗」ではないでしょうか?


P4284544.jpg



明日は頑張ってくださいね!
どうかよい風が宇和島の海に吹きますように。
レースの成功をお祈りしています。



P4284546.jpg



17:35 駆け足の旅が終わりました。




nice!(1)  コメント(6) 

二泊三日の旅に行ってきました。 [旅]

4月21日から二泊三日の旅に出ていました。


P4213905.jpg



大事な用事がありまして、
何とかひねり出した日程でしたが、
86歳のおかあちゃんを連れて
よい旅になりました。


P4213907.jpg



写真をたくさん仕入れてきたので、
当分ブログネタに困らないと思います。



P4213911.jpg



ますますヨット日記から遠ざかっていますが、
少しだけヨットの話題も……。


P4213914.jpg



一度見ておきたかったところも見られたし、



P4213920.jpg



日本一もいろいろ見たし、


P4224002.jpg



P4224396.jpg



P4224416.jpg



けっこう楽しんで帰ってきました。



P4234453.jpg



P4234461.jpg



ただ、明日からの現実がツライ……..。



家を空けている間に
庭のミツバツツジが満開になっていました。


P4234469.jpg




nice!(1)  コメント(2) 

「あそぼーい!」で遊んできた③ [旅]

23日はBOYC恒例のクリスマスレースでした。
そちらの記事を書きたいので、
先週のこの旅を急いで終わらせましょう。

PC172565.jpg


さて、一週間前は
「あそぼーい!」で地元駅から阿蘇まで行って(約1時間)、
阿蘇から大分まで下って(約2時間)、
最後に大分から地元駅(52分)という遊びでJR九州に貢献してきた私たちでした。


この記事は、阿蘇を出て阿蘇外輪山の急勾配を登る様子から。
写真は全て後ろの風景です。


PC172570.jpg


谷の向こうの国道からは
崖の隙間から列車を認めることはできますが、
全貌はわかりにくい……というのはトンネルだらけなので。

列車ではこんな感じがしばらく続きます。


PC172576.jpg


PC172577.jpg


トンネルとトンネルの隙間から。

PC172582.jpg


PC172584.jpg


長い長いトンネルを上ります。

PC172586.jpg


PC172589.jpg


幾たびも災害を乗り越え、復旧してきた路線です。
昨年の熊本地震によく耐えてくれたと思います。
あとは、阿蘇~肥後大津間の運転再開が待たれるばかり。


……

また高地の駅を通りすぎ、
馴染みの駅も通り過ぎ、
地元の駅もいつもの撮影スポットも通り過ぎ……。


PC172594.jpg


PC172601.jpg


PC172602.jpg


PC172608.jpg


PC172615.jpg


PC172617.jpg


PC172640.jpg


PC172644.jpg


すごい速さですね。
実際山間部から下るので、速いのは速いんです。


撮影しているとき、列車からはこう見えるのかと思うと、
ちょっと恥ずかしい気もしますね。

PC172652.jpg



停車中、運転席を見せてもらいました。

PC172591.jpg


PC172561.jpg




みえまち駅を過ぎたところで売店まで。
アイス買いました。
運賃以外はあんまりお金使ってません。


PC172656.jpg


PC172669.jpg



普通列車のときは、単線なので待合の時間とか多いのですが、
特急は速いです。あっという間に大分駅です。


PC172699.jpg



……次の上りまで30分。
いったん大分駅に出て、コーヒー買ってまた乗車。
来た道を戻って帰ります。

PC172701.jpg


PC172704.jpg


PC172743.jpg




……今回はここで一応「けり」を。


まだまだ車内の写真などはあるのですが、
ブログネタが切れたときにでも。


たくさん遊んでくれてありがとう。
またね~♪
と、地元駅で「あそぼーい!」を見送りました。

PC172819.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

「あそぼーい!」で遊んできた② [旅]

豊肥線を特急「あそぼーい!」で熊本方向へ上っています。


この列車は、様々に楽しめる工夫があります。
指定をとらなくても
お洒落なベンチで楽しめそうです。


PC172500.jpg


PC172502.jpg


滝水、波野辺りは標高700メートルもある高原駅で、
この日はうっすら雪景色でした。


PC172504.jpg


PC172505.jpg


波野まで上りつめると
次は、たくさんのトンネルをくぐりながら外輪山を下っていきます。


PC172509.jpg


阿蘇のカルデラの中にある町が見えてきました。


PC172511.jpg


PC172513.jpg


大阿蘇カルデラを横断して列車は西に進みます。
車窓の左手には
阿蘇五岳が見えています。


PC172525.jpg


PC172528.jpg


私たちの近くの席には静岡から来たという方が乗っていて、
ずっと楽しそうに写真を撮っていらっしゃいました。
列車の旅が大好きという方で、
仕事のついでに「あそぼーい!」に乗って、
熊本空港から帰るということでした。


阿蘇駅に到着したところでお別れです。


PC172532.jpg


PC172529.jpg


私たちは、近くの道の駅でお昼ご飯を調達。

20分後、車両は「下り大分行き」になります。


PC172530.jpg


PC172531.jpg



私たちは再び乗車、次は大分まで下ります。

PC172535.jpg


西の方向、熊本まではまだ復旧していなくて、
昔 SLにのって遊んだことを思い出すと切なくなります。


PC172541.jpg



さて、私たちはまた最後尾のパノラマシートに乗ります。


PC172547.jpg



このシートは誰も乗ってなくて貸し切り状態。
列車は東に向かい、私たちは西の方向を見ながらの旅になります。


PC172552.jpg


簡単にお弁当を食べます。
赤牛、阿蘇高菜……阿蘇の食材で楽しめました。
列車はすでに出発しています。

PC172553.jpg


PC172555.jpg



お弁当を食べ終わる頃には宮地駅。

PC172559.jpg


PC172560.jpg


阿蘇は車で簡単に移動できるエリア。
めったにJRは使いません。
こうやって、特別な列車で違った視点で移動すると
短い時間でも
見慣れた風景でも
特別な旅行気分になります。


まだ続きます。



nice!(0)  コメント(6) 

「あそぼーい!」で遊んできた① [旅]

あまり遊び歩くこともできなくなった私たちですが、
この日は母も昔の仲間と過ごすと言うことなので、
ちょこっと旅に出ることにしました。


かねてからの計画をやっと実行に移せたのです。
昨日夫が予約を取ってきました。
夏から憧れていた「あそぼーい!」にいよいよ乗るのです!


P7293245.jpg


地元の駅~阿蘇~大分~地元の駅を「あそぼーい!」で走るという行程。
所要時間は4時間半。


今日は好いお天気。
久住山もよく見えます。

PC172458.jpg



来ました!!子どもみたいに興奮して撮影。


PC172460.jpg


PC172464.jpg


PC172465.jpg


PC172466.jpg


PC172468.jpg



わあ、すごい!
ちょっと奮発してパノラマシート。
特急指定+730円。
ただ、先頭車両のパノラマは取れなかったので後方で。
いや、それでも興奮ですがな。


PC172469.jpg



駅を出てすぐ
いつも撮影する神社の杜が見えました。

P7303351.jpg

PC172471.jpg



何だか興奮している間にあっという間に次の駅。
もうじっとしてられません。
カメラを持って席を立ちます。
観光列車はカメラを持ってウロウロしても恥ずかしくないのがいいですね。


PC172477.jpg



私たちが座っている最後尾の指定席は、キャラクターののれんの奥。


PC172478.jpg


PC172479.jpg


馴染みの駅舎も違って見えますなあ!


PC172480.jpg


少し停車した後、出発。


この列車は自由席は少ないのですが、
こんな場所もあって、指定を取らなくても楽しめそう。


PC172482.jpg



PC172484.jpg


PC172487.jpg


列車は高地を進んでいくのですが、
なんと豊後竹田の次の駅は雪でした。

PC172498.jpg


……ここまで約30分。というわけでしばらく「あそぼーい!」乗車体験記が続きます。







nice!(0)  コメント(2) 

一泊二日 久々に新幹線 [旅]

相変わらずのバタバタな毎日です。


11月は県外への出張から始まりました。


PB010001.jpg



「のぞみ」に乗るのなんて本当に久しぶりだから
ちょっとうれしかったのですが、
道中 写真を撮るっていう雰囲気じゃなくて
夕方 もう着いちゃってます。


PB010003.jpg



さて、ここはどこでしょうか~?
夕陽に輝く金色のお方はどなた?


DSC_0741.jpg



なんと岐阜市でございます。
信長様でありました。



ホテルに着いて
とりあえず窓から写真撮っときます。
自分がどこを見てるのかもわからないホテルの9階から。


DSC_0744.jpg


夜は仲間にくっついて食事に行って
ホテルの名前も覚えられないから
くっついて帰ってきて
バタンキュー……。



……朝です。
どこを見てるのかもわからないけれど
とりあえず写真撮っときます。


PB020009.jpg



PB020010.jpg



タクシーの運転手さんの観光案内を聞きながら
あれは岐阜城であったかと……。



仕事場に行って、
なんかみっちり勉強させられて
もう帰りです。


またタクシーの運転手さんの案内を聞きながら駅まで。
「長良川の上から岐阜城が撮れますよ。」
ありがとうございます。
遠くから眺めるだけ~、観光一切ない研修(T^T)
愛用のOLYMPUS持ってこようかと思ったけれど、
置いてきて正解。


PB020094.jpg


「柳ヶ瀬ブルース」の話題になりましたが、
一緒にタクシーに乗ってた若い人は知らんかったです。


PB020097.jpg



さようなら、信長さん。
またいつかお目にかかることがありましたならば
もっとステキに撮って差し上げますね。


PB020107.jpg

PB020111.jpg


ぴったり24時間だけの岐阜滞在で
もう九州に帰ります。


PB020114.jpg



信長さん、さようなら~。


PB020115.jpg



チビmomoさん、会いに行きたかったです。


PB020116.jpg


また、いつか~♪


ま、九州山地の真ん中から出ていけたのは
楽しいことではありました。






nice!(0)  コメント(6) 

撮りテツ子になり損なった。 [旅]

この夏のローカル線は
「あそぼーい」が毎週走っていて
眺めるだけでも楽しかった。


P8053781.jpg




買い物に出るときや
コインランドリーで洗濯物を乾かしにいくとき、
「あそぼーい」が通る時間に合わせて出かけて
写真を撮って遊んでいた。


P8053862.jpg



P8053829.jpg



P8053836.jpg



P8053839.jpg



P8053845.jpg



P8053852.jpg



でも、気温が高いので
列車を待つのも辛いし、背景ももあっとした感じで、
イマイチな写真しか残っていない。


P7293650.jpg



そのうち興味が別のことに移っていって、夏もおしまい。



P7303350.jpg



最高のショットを撮ろうと三脚を設置し、
構図や光の具合を考えて、じっと列車を待つという気の長い仕事は
がさつな私にはできないと悟った。


でも、束の間の「撮りテツ子の夏」も悪くはなかった。


たいした写真じゃないけど、「この夏の一枚」は、
「あ、来る!」というわくわく感を思い出させるこの写真にした。


P7293648.jpg



nice!(0)  コメント(4)