So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018萩ヨットレース⑤アクシデントと闘う [ヨット]

「同じ」と言うことが全くないヨットレース。


今回も一期一会のレースを堪能した。


P7222610.jpg



さて、菊ヶ浜沖をスタートして、尾島、櫃島と島巡りをしてきたわけだが
スタートの菊ヶ浜沖まではけっこう強いクローズの風となった。



P7222616.jpg



後ろに迫る大海言の動きも気になっていたが、
この強風でジブがどれくらい「もつ」のかが
4513の大きな課題であった。


P7222618.jpg




「とても古いセールだから……。」
オーナーはそうおっしゃる。


長年使われてきたセールだったのだろう。
活躍したレースは数知れず……そんな色合いだった。


萩の海風と闘ったのが最期となった。
では、萩の海に散ったセールの最期の闘いをご覧いただこう。



P7222622.jpg



N井さんの笑顔の向こうが気になる……。


P7222625.jpg



P7222627.jpg



P7222629.jpg


遠すぎてわかりにくいが、
このときシェンロンもアクシデントに見舞われていた。
「あれー、ジブだけで走ってるよ。」


P7222630.jpg



私のデッキシューズも
飛沫をずいぶん浴びた。
この頃になるとカメラの電池残量も少なくなっていたけれど、
こんなに傾いていてはキャビンに予備電池を取りに行くこともできない。


P7222633.jpg



風はどんどん強くなっていった。


P7222635.jpg



「強風のヤマシタ」と言われるくらいだから
ヤマシタさんは喜んでいるだろうなあ。



P7222637.jpg



P7222647.jpg



ときどきセールの切れ端が飛んでいく。
もうドキドキ。



P7222652.jpg



メインだけの調整。
T川さんがメインを出したり入れたり。


P7222656.jpg



この傾き具合ではT川さん重労働。


P7222659.jpg



ヘルムの夫は、穴が大きくなるにつれて
パワーが落ちていくのを感じていたと言う。


P7222660.jpg



P7222664.jpg



T川さんは、手がマメだらけになった。



P7222667.jpg



P7222669.jpg



そして、大海言が……。



P7222671.jpg



P7222673.jpg



P7222674.jpg



ちょっと悔しい状況。



P7222676.jpg



こんなんでタッキングできるのだろうか……という感じだったが、
数回タッキングを繰り返さなければゴールできない。


痛々しいほどのセールに
これでもかというほど風は吹き付けた。
次が闘いの最後の一枚。
カメラの電池も切れた……。


P7222678.jpg



…………


お疲れ様でした。



P7222685.jpg



ゴールしてすぐ予備の電池に入れ替えた。
やっと落ち着いて写真が撮れた。


P7222690.jpg


P7222692.jpg


P7222693.jpg


P7222695.jpg


P7222698.jpg



港に帰ってSムーンにも大きなアクシデントがあったことを知った。
萩の海風は維新の風くらい
強く吹き荒れたのだった。



…………



オーナー、本当にありがとうございました。
おかげでホントに久しぶりにヨット日記を書くことができました。
強烈な思い出となった萩の海のことは
絶対忘れられないと思います。
好き勝手な感想でごめんなさいね。


P7222702.jpg



また、お目にかかりましょう。ヨットレースとバイクの話を聞かせてください。




……ヤマシタさん、大海言のよい写真が撮れたでしょう?
ちょっと悔しいんですけど。
他の艇ももっと撮れると良かったのですが、
久々のレースでうまくいきませんでした。


P7222705.jpg




参加艇の皆様、萩ヨットレースの運営の皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。




nice!(1)  コメント(6) 

2018萩ヨットレース④アクシデントの発生 [ヨット]

台風12号はあんまりな台風!


こんなむちゃくちゃな動きの台風は見たことがない!
東から台風が来るなんて信じられない!


どうぞ皆様 お気をつけて。
これまでにない動きなので……。


…………


さて、萩ヨットレース、あと二回ほど書きたいことが。


青いスピンを揚げて
大海言をしのいで先行艇を追っているところ。
こんな状況。


小さいけれどとても速いトリマラン(ごめんなさい!名前がわからなくて……)が先行してて、
マリンダンサーやシェンロンが続いている。


P7222522.jpg



右手に見える島を迂回する前にスピンを撤収。


P7222524.jpg


P7222525.jpg


P7222526.jpg



P7222529.jpg


P7222532.jpg


P7222538.jpg


P7222540.jpg



二年前に大海言に乗ってここを走ったときは
風がなくて島に寄せられるような感じで
ヤマシタさんがアンカーを取り出したのだった。


そんなことはウソのような今年の風。


P7222544.jpg



……さて、問題は次の写真。


アビームの風に乗って飛ばしているところだけど、
ここでアクシデントが発生していることにお気づきだろうか。



P7222545.jpg




たぶんタッキングの時だったと思うのだが、
何かに引っかかってジブに穴が開いてしまった。
不安を感じさせないオーナーの会話に
私は安心していたのだが
これが後で大変な様子になってしまった。



……艇上ではブローを読んで
船をしっかり走らせる指示が飛び交ってはいるものの
落ち着いた会話も交わされている。



たっぷり飲み物も用意してくださっていて助かった。
冷たいお水をぐびぐび飲んだ。
(働かない上に熱中症なんぞになって迷惑はかけたくなかったので)


P7222548.jpg



P7222549.jpg



美しい萩ジオパークの景観。


P7222551.jpg



P7222553.jpg



P7222554.jpg



P7222557.jpg



ここで聞きたくてうずうずしていたことを思い切って質問。
「どうしてセールの番号が艇名なんですか?」


P7222560.jpg



オーナーはちゃんと答えてくださったんだけど
ここで書いたらダメなんだって~(*^_^*)



もう一つ質問。
「どこで鍛えられてきたんですか?」


ご実家が葉山マリーナのすぐ近くだそうで
オーナーの身内の方から鍛えられたとか……。



P7222573.jpg



「こんなにスピンランで鍛えられたのは久しぶり……」とN井さん。




バイクの話などもしていたけれど、
先行艇の動きを確認しつつ
何とか先行艇に追いつく算段をしているオーナー。


P7222575.jpg



P7222579.jpg



P7222584.jpg



……島を回り向きを変えると風はクローズへ。


P7222592.jpg




そうなるとジブの穴が……。






nice!(0)  コメント(4) 

2018萩ヨットレース③スピンラン [ヨット]

スタートはいつもドキドキのヨットレース。


今回は、強い風の中 
早くからメインもジブも揚げて 
何度もスタートラインを横切ってはぐるりと回り
スタートのタイミングを計っている4513。


タッキングする度に大きな音がして
ブームが頭上を通りすぎる。



P7222458.jpg




スタート時刻直前は小刻みに蛇行してスタートラインを狙っていた。
油断すると強風に押されてヨットが進みすぎる。



P7222478.jpg



オーナーの指示が飛ぶ。
ヘルムへ、ジブトリマーへ、ヨットの細かな動きを指図しながら
自分も動き回りタイミングを計っている。
そして、時刻の確認。


P7222460.jpg



こっちが思っていたより早くスタートのホーンが鳴った。
マリンダンサーが飛び出していて、
4513も続く。



P7222479.jpg



スタートしてすぐスピンを揚げようとした。
しかし、強い風に翻弄されて
うまく揚がらない。


オーナーの大きな声が艇上に響く。



P7222486.jpg




一度スピンを下ろした。



P7222488.jpg



後ろをみれば、やはりスピンに苦労している艇がいくつか。



スピンをおろしたその間に大海言がプレッシャーをかけていく。


P7222499.jpg



P7222500.jpg



P7222501.jpg



P7222503.jpg




……4513のオーナーはヨットの変化がよくわかる人だ。
微妙な舵取りやセールの状態、
船の傾き具合……もろもろがよく見えている。



ヨットのことをよーく知ってて
艇上のあらゆるところに目を光らせているヨットの達人を何人もしっているけれど
この人もすごーい。



さて、黙って大海言の後ろを眺めているだけじゃないよね。



P7222512.jpg



再度スピンを出してきた。
今度のスピンは「全部」青い。


P7222513.jpg



今度はきれいに揚がった~!



P7222515.jpg




またまた指示が飛ぶ。
艇上のシートはいろいろ。扱う人が足りない。



もう一人働ける人がいるといいのに……と、
しがみついているだけのちはやママは
勝手なことを思っている。



P7222516.jpg


オーナー、ヘルムにスピードを要求!
“走らせろ、走らせろ!”


P7222518.jpg




P7222520.jpg


さて、次はどう攻めるか……。





nice!(0)  コメント(4) 

2018萩ヨットレース②強風やん! [ヨット]

夫が31Sのヨット「4513」のオーナーから
萩ヨットレースのお誘いをいただいたとき、
「じゃあ、写真を撮ってきてね。」と
日曜日は家から出るつもりはなかった。
この頃写真を撮る気力もない夏バテ状態が続いていた私。



しかし、先週の仕事のヤマが一息ついたところで
何となく「ついて行こうかな。」という気になった。



心配なのはお母ちゃんである。
おそるおそる
「日帰りだから……」と言ってみると
「はなちゃんがとぎをしてくれるから行っていいよ。」


介護猫はなちゃんの働きはありがたい。



……7月22日朝5時。


N井さんたちと待ち合わせ場所の北浜ヨットハーバー。
また暑くなりそうな風景。


P7222394.jpg




寝不足の夫を助手席に置いて
私のトロトロ運転でも8時過ぎには萩に着いた。



P7222398.jpg



いつもの堤防。
二年ぶりの萩の海からはいい風が吹いてくる。



急についてきて乗せてもらえるかしら……なんて心配は杞憂だった。
張りのある良い声で
「どうぞ!」とオーナーはお邪魔虫の乗船を許可してくださった。



P7222403.jpg



Sムーンのオーナーもお元気そうで安心。
さっきまで冷たい水を浴びていたけれど
もう艇上を駆け回っている。


P7222406.jpg



「4513」……セールナンバーが艇名。珍しい。


でも、今季、宇和島、長門と優勝をしている謎のオーナー。
どんな人なのだろう?
ちょっと好奇心。



P7222409.jpg



P7222412.jpg



レースの打ち合わせをしている間
キャビンに降りてびっくり。

これは「速い」船だ!
私なんかが乗ってて良いのだろうか。
(どんな様子かはヨット乗りならすぐに想像できるだろう。)



P7222413.jpg



でも、私はちゃっかり乗り込んでいる。
レーサーのコースの魅力は捨てがたい。
二年前のあの海をもう一度見てみたい。





お邪魔にならないポジションを物色している間に
参加艇が出港し始めた。



P7222416.jpg



コック長さんは来られたのかな……?


P7222417.jpg



P7222421.jpg



P7222424.jpg




「本当は九州をクルージングするつもりでこのヨットを買ったんですよ。」


気さくに話しかけてくださるオーナーだが、
海面や風の様子、他のレーサーとどう絡むか……などの会話の様子から
かなりの強者と勝手に推測している。



P7222426.jpg




……さて、海に出てみるとけっこうな風である。げ、やばい。強風やん。



P7222433.jpg



台風のいちばん外側の風が来ているとオーナー。
私は、ちょっとだけ、ついてきたことを後悔した。
「N井さん、T川さんと別府のベテランがそろっているから大丈夫。」と
自分で自分を励ましている。



P7222432.jpg



4513は早い段階でメインもジブも揚げた。



P7222435.jpg



P7222437.jpg



セールが風をはらむとヨットがぐぐっと傾く。
うへー、久しぶりのヒールの感覚。
振り落とされないようにしないと……。



今日は風が落ちることはないのだろうか。



P7222442.jpg



P7222446.jpg



大海言に乗せてもらった二年前のレースは
本当に楽しかった。
あの時は風が吹かなくて
タイムリミットに間に合わなかったが、萩のレーサーのコースを堪能した。



P7222451.jpg



ヤマシタさんに手を振ったが
まさか夫婦してこちらに乗り込んでいるとは気がつかなかったようだった。





……スタートが近づく。



オーナーの細かな指示に従って
強い風の中、船を勢いよく走らせながら
スタートのチャンスをうかがう。



ヘルムは夫。
「小刻みに蛇行せよ。」という指示に従いながらスタートラインに近づく。



スタートはいつもドキドキだ。


………



4513のオーナー様。
私の好き勝手な感想で、細かなレースの様子はなかなか伝えきれません。
こんな調子ですが、お許しくださいね。
間違いがあったら遠慮なくお教えくださいね。




nice!(0)  コメント(4) 

2018萩ヨットレース① [ヨット]

この数週間
何をしてもうまくいかず中途半端な気分。


写真も撮れず、
感動も薄れていたのだけれど、
昨日
萩の海でそんな「鬱」を吹き飛ばしてきました。



P7222441.jpg




機会をくださって、
仕事をしない「おまけ」も快く乗せてくださった「4513」のオーナーに大・大感謝です。



P7222689.jpg



そして、家を空けても大丈夫と言ってくれた
おかあちゃんと介護猫はなちゃんにも。



ドラマチック日本海でした。
記事の構想がまとまりましたら、
少しずつ書きます。



P7222509.jpg



まずはお礼まで!




nice!(0)  コメント(2) 

BOYCポイントレース2018第2戦③うみたまごの前から [ヨット]

ポイントレースに参加できなかったので
せめて写真でも撮りたいと
レース後半戦の追っかけをしていた日曜日。



うみたまごからは
レースの様子がよく見えた。
先行した4艇の姿はすでに遠かったが、
疾風とLongLongが
繰り返し交差する風景は見ていて飽きなかった。


P5275066.jpg



ヨットのことを知らない人でも
「あれに乗っていたら気持ちがいいだろうな。」と思ったに違いない。



ちょっと遠いが動画を撮ったので……。








さて、ハーバーの方を見ると
小春はすでにレースを終えたようだったが、
他の3艇は
同じ所にずっと佇んでいる。



P5275048.jpg



さては風が消えたか……。


何度ハーバー方向を見ても
レースが終わった様子が無い。
かなり苦労しているのだろうと予想ができた。




では、こちらもうみたまごを出てハーバーへ。


P5275092.jpg



すでに余裕で片付けをしている小春。
(後で小春さんにはCHIHAYAのマストに登っていただいた。ありがとうございました。)


P5275094.jpg




CHIHAYAがずいぶん時間が経ってやっと帰ってきた。

P5275096.jpg





お疲れ様でした。



P5275099.jpg



P5275101.jpg



P5275104.jpg



レース委員長さん、お疲れ様でした。
今回はCHIHAYA、完敗。


P5275108.jpg



Bluenoteもあと少し。
疾風が無風帯に入った模様。
LongLongは引き上げてきた。


P5275114.jpg




そして、Bluenoteがゴール。


P5275125.jpg



このあと、すぐに周南に帰られた。
本当にお疲れ様でした。



P5275128.jpg



タイムリミットの10分前、疾風がゴール。


P5275141.jpg



私のカメラも調子がおかしくなって、
最後はあまりよい写真は撮れなかった。


でも、レースの追っかけも面白かった。
次は赤白灯台のところで、
もっと大きく写真を撮りたい……なんて、
レースに参加するのと写真を撮るのと
どっちを選択するかちょっと迷っているちはやママである。




nice!(0)  コメント(15) 

2018BOYCポイントレース第2戦②レースを追ってきた。 [ヨット]

5月27日、晴れ。

別府湾ではきまぐれな風の動きを捉えようとしているヨットが8艇。


1527425496056.jpg



周南のBluenote。
クリスマスレースでは優勝を持っていかれた。
今回はいかに?


1527510598574.jpg
(写真の提供、ありがとうございます。)



私の用事はお昼過ぎに終わった。
空港道路から別府方面に向かおうとしていると
夫から電話がかかった。


「今、西大分の手前。無風になってしまった。」



別府から日出一文字のポイント、次は大分港の中に入って出るというポイントなのだが、
風が止まったらしい。



1527425466035.jpg



「観音開きにしたよ。」


1527425477399.jpg

F井さんのアイデア。スピンポールを使って、ジブを広げた。
ウィスカーポールの代わりなんだって。



「大分で高速を降りて、西大分港に見に来るとちょうど写真が撮れるかも。」



よしっ、西大分の赤白灯台のところで撮影だ!



しかし、電話のすぐあとに風がまた出てきて
あっという間に赤白灯台のポイントを回航したという連絡。



「疾風とLongLongが来ている。」という情報に、
大分空港道路から東九州自動車道をぶっ飛ばし、
大分インターで降りて
そのまま西大分港へ。
車を停めるとカメラをひっつかんで堤防を走る。



来た!


P5274965.jpg



あっちの堤防に行きたいけれど時間が無い。


P5274966.jpg



P5274968.jpg



P5274972.jpg



きれいに回って出ていった。



LongLongが来るまでに近くの堤防に行きたいけれど、
行き道がわからない。


この場所までは来たことがあるけれど、
赤白灯台のそばまでは行ったことがなかった。


P5274979.jpg



P5274980.jpg




車で少し移動したけれど、灯台まで行けない。
遠くに先行艇が見えた。



P5274983.jpg




あ、LongLongが来た!


P5274982.jpg



急いで元の場所で写真を撮った。



P5274995.jpg



P5274999.jpg



P5275003.jpg



きれいに回って疾風を追っていった。



さて、私も移動しよう。



別大国道を別府方面に走って
うみたまご(水族館)の駐車場に入れた。駐車代金410円。



既に通り過ぎたヨットが見えた。


P5275008.jpg



P5275010.jpg



P5275009.jpg




小春はもうゴール間近?



P5275012.jpg



大分方面には疾風とLongLong。



P5275016.jpg

ここで待つことにする。



うみたまごの第二駐車場は広くて、ヨットレース見物にはもってこいの場所。
でも、ちょっと遠いかな~望遠があればよかったかな。



P5275031.jpg



P5275033.jpg



小春に続いて、Daisy、CHIHAYA、Bluenoteが見えて、
すぐにゴールするかと思っていたが……。


P5275034.jpg



ゴール前には無情の無風帯が待っていた。







nice!(1)  コメント(6) 

2018BOYCポイントレース第2戦①F井さん、ありがとう。 [ヨット]

好天に恵まれた別府湾を横目に
私は別府を通り過ぎ高速を走って
仕事へ向かっておりました。



今日はヨットレースの日なのに(T^T)


夫に写真を頼んでいましたが、
CHIHAYAにはクルーのお二人の他に助っ人がいました。
「打倒LongLong」を掲げて
乗り込んできたのはF井さん。


写真の方も助っ人でした。
おかげでヨット日記が書けます。
ありがとうございます。


……艇長会議です。


今日は、10時スタート16時タイムリミット。
別府~日出一文字~西大分港~別府のロングコース。


「コース短縮などきちんと聞くように。」と釘を刺されたCHIHAYAオーナー。
念には念を入れた説明がレース委員長さんからあったそうです。
(前回 日出一文字でレースは終わったと勘違いしましたからね。)



1527425450015.jpg



8艇の参加で、スタート時は穏やかな風。
遠来のゲスト、Bluenoteもいます。



1527425499546.jpg



スタートはY&KとLongLongの隙間をついてタッキング、
早いうちに沖出ししたそうです。
(ああ、状況がわからないのはもどかしい。)



1527425568949.jpg



1527425673212.jpg



1527425534985.jpg



好スタートだった感じですね。



1527425670088.jpg



1527425509777.jpg



気持ちよさそうですねえ。
海に出たかったですよ。


1527425459570.jpg



今回は沖出しがよかったようです。



観光港あたりでは、すでに小春がトップ。


(途中でLongLongを抜いた……と思うな
と夫は記憶の糸をたぐっております。)


わりと風があったけれど、
一文字に近づくにつれて風が消えたとか。



一文字のところでは、
小春がトップ、Daisyが先に入ってCHIHAYA。
Daisyとのかけひきがおもしろかったみたいなのに、
見られなかったのは残念。



一文字に入った時間とか
BluenoteやLongLong、他の艇の様子を聞きたいのに、
「証言」はあやふやで、
ああもうって感じです。
やっぱり自分で見てないと記事が書けません。



このあと、風が消えて
なかなか大変だったということですが、
今回はこれまで。
自分で見てない記事を書くのは疲れました。



間違いがあったらゴメンナサイ。
訂正します。




 





nice!(0)  コメント(10) 

雨のヨットハーバー [ヨット]

連休最後の日、
久しぶりにヨットを出そうと話していました。



P5064559.jpg



今年は宇和島に行けなかったし、
ヨットも暇をもてあましていたことでしょうね。


久々に来たハーバーには
RAH3世のヨットがありました。
オーナーは遠方に行かれているとのことでした。



P5064550.jpg




天気予報では午後から崩れるということでしたので、
午前中だけでも……と
クルーのKさんと3人で海に出る予定でした。



P5064555.jpg



……ところが、10時前には雨になってしまいました。



P5064564.jpg



しかたなくオーニングをかけて
コーヒーでも飲んでおしゃべりをすることにします。



P5064551.jpg



Kさんとこの慌ただしいひと月の話をしながら、
彼もまた激務の中にやっと見つけた
自由な時間だったのに……と
うらめしく思う雨なのでした。



P5064563.jpg



コーヒーを入れていると
お馴染みのみなさんが遊びに寄ってくれました。


Oさんは
宇和島のレースの熱い闘いの一コマを再現してくださいました。
31Sやフェスタの優勝争いは
聞いているだけでも心躍るものがありました。



P5064566.jpg



ひまわりのご夫婦からは
お父さんと一緒にレースに出ていた野球少年が
もう高校生になったのだと聞いてびっくりでした。



P5064567.jpg




雨は降っていたけれど
ハーバーで出会う皆さんとの短い会話だけでも
心和む時間となりました。


P5064571.jpg




雨が強くなってきたので、
帰ることにします。


P5064573.jpg



お昼ご飯は何にするか
なかなか決まらない会話も
ある意味楽しんでいた帰り道なのでした。


P5064575.jpg



nice!(0)  コメント(2) 

2014年1月 船折瀬戸電話事件 [ヨット]

2018年4月21日、しまなみ海道を通っている。



P4213912.jpg



目的地にはけっこう早く着きそうなので、
例の場所を見に行こうという話になった。
一度は見てみたい「船折瀬戸」。


P4213914.jpg



2014年1月、夫が今のCHIHAYAを別府に回航中、
船折瀬戸を通過中のことだった。



P4213915.jpg



私は「今、どこ?」ぐらいの軽い気持ちで
九州から夫に電話をかけた。


CHIHAYAは、今、まさに船折瀬戸のど真ん中。
あとで、そのときの動画を見てびっくりした。
一番の急流、一番の緊張の場所で電話が鳴っていた。




夫が舌打ちして、電話を切った動画はここから。

http://chihaya2011.blog.so-net.ne.jp/2014-02-02




P4213917.jpg




四年後のこの場所は緑が美しかった。



P4213919.jpg



P4213924.jpg



P4213929.jpg



明るい日差しの中で、流れも穏やかに見えた。



P4213940.jpg




「あそこ、あそこで電話が鳴ったよ。」



P4213943.jpg




ホントに狭いなあ。



P4213946.jpg



近くまで行って見てみると
やはり 流れは速そう!!
(2014年のときとは流れが逆だけど。)



P4213954.jpg




船が来た!




P4213959.jpg



観光船のようだった。


P4213962.jpg







うまいこと操船するなあ……。



P4213967.jpg




改めて、「大変なときに電話をかけてごめんね~。」



P4213934.jpg




次は本州へ。



P4213972.jpg



尾道は好きな街だけど、今回は通り過ぎただけ。


P4213978.jpg



また、今度。







nice!(0)  コメント(2)