So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

水の国大分から「今年もお世話になりました。」 [雑感]

2009,10.12 空の旅 124.JPG


12月29日放送のNHKの番組、
「発見!体感!にっぽん水紀行 水の国 大分 東洋のナイアガラと海底湧水」を見て、
なんだかとても嬉しくなりました。


P6110440.jpg



こんなきれいなところに住んでいるんだと
ちょっと誇らしげにもなりました。


PB233148.jpg




ふるさとを美しい番組に仕上げてくださったことに感謝したいです。
案内役の富田靖子さんの表情もステキだったなあ……。


PC232395.jpg



カメラを使うようになってから
若い頃には気づかなかったことや
当たり前すぎて見ようとしなかったことに
心動かされることが多いです。


P4076179.jpg



水に恵まれた土地にいて、
この年になってようやくそんな風景を大事に思うようになりました。

P6040132.jpg



写真は上手になっているとは思えませんが、
いつも側にカメラを置いて
あっと思う瞬間を撮っていきたいなと思っています。





海で遊んで山に帰るという生活が
とっても贅沢なんだと改めて思います。


PC090175.jpg




大分は今年、大きな災禍に見舞われました。
集中豪雨や台風の被害に遭った
日田地方や県南の佐伯津久見、地盤が大きくずれた地元の地域……。
その近くにあって、私が住むところは大きな被害もでませんでした。
彼の地ではまだ不自由な生活を送っていらっしゃる人も多いようです。
いろいろ考えさせられた一年でしたし、
考えなくてはならないことがどんどん増えていった一年でもありました。


PC232786.jpg



今の幸せを大切にし、
これからも元気で新しい発見に心躍らせる毎日を送りたいですね。


来年はもう少し海に行きたいなあ。
そのためにはしっかり健康を維持しないと……なんて夫と話しています。



この一年、ブログを読んでくださった皆様、どうもありがとうございました。
CHIHAYAと遊んでくださった皆様、ありがとうございました。

また来年もよろしくお願いします。
お目にかかれる時を楽しみにしています。





nice!(0)  コメント(10) 

BOYC2017クリスマスヨットレース④ [ヨット]

ヤマシタさんがレースのDVDを送ってくださった。
相変わらず早い仕事である。


昨夜 夫と鑑賞会。
スピンを取り込む動画はヤマシタさんのビデオで撮るべきだった。
次のナイスなシーンもビデオで撮ればよかった。
うーん、考えがアサハカであった。
ヤマシタさん、ゴメンナサイ。


…………



「一文字」は長い防波堤。時計回りに回って、大分側に抜ける。
Daisyがその向こう側にいる。


PC232682.jpg



CHIHAYAが三番手で一文字を回航すると
出口で沖出ししていたヨットとミーティング。


ユリカゴンとLongLongがやってきた。


PC232693.jpg


Daisy 間もなく一文字入り口。


PC232688.jpg


疾風、天開、ながつきも一文字へまっしぐら。
(ながつきの黒いセールはかっこよかった!)


PC232695.jpg



こちらが少し速いので、ユリカゴンの前を抜ける。


PC232699.jpg


PC232700.jpg


PC232701.jpg


PC232702.jpg


PC232703.jpg


PC232704.jpg



あまりタイム差はなさそう。


PC232706.jpg



風があれば、ここから大分へのロングコースになるはずだった。


コース短縮なので、別府へ折り返し。
さあ、追っていこう。


PC232710.jpg


PC232715.jpg



帰りは安定した風が吹き始めて、
6ノット以上出ることもあり、気持ちの好いセーリングになった。


PC232717.jpg



ヤマシタさんのビデオには、
艇上の会話が記録されていた。


「宝くじが当たらんかな~。」
「当たったら40フィートぐらいのを買って……。」
「エアコンは必要。スラスターもほしい。」
「電動のハリヤードウインチも……。」


夢を買った人たちは
いい夢を語り続けていた。


PC232721.jpg


PC232723.jpg



……Bluenoteとの差はなかなか縮まらない。


PC232728.jpg



往路であんなに苦労したのがウソのようなスピードで帰ってきた。


PC232745.jpg


PC232744.jpg


この時点では
ビデオカメラはヤマシタさんにお返ししている。
ヤマシタさんは凝った撮り方をされていた。

PC232738.jpg


PC232751.jpg


ビデオの中の私は、
仕事はしないで気持ちのよいセーリングに酔っている様子だった。


PC232753.jpg


PC232761.jpg


最後は、Bluenoteに少しは近づいた気もしたが
三位でゴール。15時10分35秒。修正五位。
行きは三時間、帰りは一時間ちょっとだった。


遠方からの客人Bluenoteが優勝。
ファーストホームの小春は二位。
お見事でした。



陽が落ちかけてきて、
片付けもしないまま
ご挨拶もそこそこにハーバーを飛び出したので、
ここで改めてご挨拶を。


…………


ヤマシタさん、神龍さん、ありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。

クルーの皆さん(今回お目にかかれなかったN浦さん、Kくん)、
忘年会もできないままでゴメンナサイ。
来年もよろしくお願いします。

一時帰宅のOさん、笑顔を拝見して安心しました。
早く帰ってきてくださいね。

レース委員長さん、
今年のポイントレース、CHIHAYAは二回しか参加できなかったけれど、
毎回参加艇が多くてよかったですね。

参加艇の皆様、お疲れ様でした!!


…………


ヤマシタさんが送ってくださったDVDで
クリスマスの花火を楽しんだ。
ヨットから見る冬の花火も反省会も楽しかったそうだ。
ちょっとうらやましい気もしたけれど、
久々に海の風の中を走ることができたので、それだけで十分シアワセだった。


オーナー、やはり船底とセールはいつでもきちんとしようね。






nice!(0)  コメント(10) 

BOYC2017クリスマスヨットレース③ [ヨット]

穏やかな別府湾だけど、
「無風、微風」はヨットの敵。

そこでどう勝負に出るか……とアタマを使うのがヨットレースの醍醐味。



様々に情報交換をしながらヨットを進める。


PC232620.jpg


PC232624.jpg



……どこにも風がなさそうな状況の中、
CHIHAYAは目的地に向かってほぼまっすぐに進んでいる。


PC232627.jpg


風が微妙に動いて、
スピンの膨らみをつぶさないように微妙な調整。
そして、他の艇の監視。


PC232631.jpg


PC232635.jpg


風見の向きと風の方向が微妙にずれてることがあったりして、
ホントに大変。


PC232639.jpg


PC232644.jpg



でも、微風ながら
こちらに風がうまく吹いて、
沖出しした先行三艇より早く一文字に入れそうになってきた。


こんな都合のいいことって、めったにないよね。


PC232647.jpg


PC232657.jpg



あれ?
Bluenoteがずいぶん速い。


PC232651.jpg


Bluenoteが先に一文字に入っちゃう!!
なんと、あっち(岸寄り)に風があることを読んでたの?



小春は早々と一文字を出ていった。
経験からくる読みと一人で何でもやっちゃう技術のすばらしさ!!

PC232665.jpg



できるだけ速く!!
ヤマシタさんからスピンを下ろすときの指示が飛んだ。
ジブはやはり重そう。
Eさんが飛んでった。


PC232667.jpg


PC232669.jpg


PC232679.jpg


ゲストにこんなに働かせて……。



私はヤマシタさんのビデオカメラを預かっていたけれど、
ここでは、私のカメラで動画を撮ってた!!







一文字を回って帰りのコースへ。


PC232686.jpg




ミーティングの場面は次回で。
(あと一回です。)






nice!(0)  コメント(4) 

BOYC2017クリスマスヨットレース② [ヨット]

この数年、クリスマスヨットレースは穏やかな日が続いている気がする。
海上のちょっと冷たい空気を胸一杯吸い込むのは気持ちいい。


今回はあまりズームが効かないレンズを使っている。
でも、色の感じはよいのでは?
画面も16:9の横長サイズに設定。
画面をクリックすると大きくなります(^O^)v


……



スタートしてしばらくは
ユリカゴン、LongLong、小春を追っていく。


PC232494.jpg


Daisyはちょっと後ろにいたのに、するすると前に出ていった。


PC232497.jpg


別府はクリスマスのイベントをやっているようで、
海上まで音楽が聞こえてくる。
それくらい穏やかな波の上。


PC232501.jpg



後方。
PC232487.jpg


前との距離はなかなか縮まらない。


PC232503.jpg



PC232504.jpg


PC232506.jpg



高崎山とBluenote。

PC232508.jpg


艇上は和やか。

PC232523.jpg


小春がぐっと岸寄りへ。


PC232528.jpg


風がないなあ……。


PC232534.jpg


PC232539.jpg


PC232546.jpg



あれー?Bluenoteはどこにいくんだろう?

PC232548.jpg



あらら……とうとう船が止まっちゃった。
スピードメーターが「0」表示。


PC232553.jpg


鏡状態。

PC232554.jpg



何とかならないか……。


PC232560.jpg


PC232562.jpg


PC232565.jpg


水鏡~(T^T)


PC232571.jpg





……しばらくどの艇も動かない状態が続いていたが、
後ろからの弱い風に対応して、
各艇 スピンを上げ始めた。


オーナー、神龍さんにヘルムを預けてスピン上げに参加中。


PC232574.jpg


PC232575.jpg


PC232577.jpg


PC232580.jpg


PC232587.jpg



観光港には日本丸が停泊中。


PC232591.jpg


PC232593.jpg


PC232597.jpg


PC232600.jpg


このとき、
疾風や他の艇がずいぶん近づいていた。

PC232603.jpg



岸寄りを行く小春、Bluenote。
沖出ししたユリカゴン、LongLong、Daisy。
その間をほぼオンコースでいくCHIHAYA。



PC232606.jpg


弱い風を何とか取り込もうとする努力が続く。

PC232617.jpg


だんだん日出の一文字が近づいてきた。
コース短縮かなあ?



nice!(0)  コメント(4) 

BOYC2017クリスマスヨットレース① [ヨット]

やっとヨット日記が書ける……。


最近はもうブログのタイトルを替えようかと思うくらい
ハーバーに行ってない。
船底に藻が生えていたと言うから驚きだ。


しかし、ここが「ヨット日記」だということを忘れないためにも、
船底の藻を流すためにも、
今年の総合優勝艇候補に「待った」をかけるためにも、
クリスマスレースには参加せねば!!


12月23日。
高気圧に覆われた別府湾は穏やかな日差しに満ちている。
北浜ヨットハーバーでは10時から艇長会議。
今回もヨットレースが大好きな人たちが集まった。


PC232405.jpg


PC232408.jpg


この日はディンギーの子どもたちも別府に集結していて、
そろって海に出ていく。
ハーバーの出口は、大きいヨット小さいヨット入り乱れて
壮観な眺めである。

PC232411.jpg


PC232412.jpg


さあ、海に出よう、出よう。

PC232416.jpg


お馴染みのゲストに、クルーも忙しい中来てくれた。
CHIHAYAを見捨てないでくれてありがとう。


PC232421.jpg


PC232423.jpg


……しかし、風がない。好天とはうらはらの物足りなさ。


PC232419.jpg


子どもヨットも連なって沖へ出て行く。


PC232426.jpg



さあ、私は撮影に集中しよう。


PC232430.jpg



天開さんだ~と思って手を振ろうとしたら、
「船底が汚れちょるぞ~。」とのお言葉をいただいた。ありー。

PC232436.jpg




では、スタート前の各艇のウォーミングアップと準備の様子を。


PC232437.jpg
全日本欠場の彼は別府でリハビリ?……やっぱり彼に似ている新人クン。


PC232441.jpg


PC232442.jpg


何だかジブハリが重いらしい。整備しないと。

PC232439.jpg


「朋遠方より来たるあり。亦た楽しからずや。」
周南からBluenoteが参戦してくれた。

PC232445.jpg


PC232450.jpg



PC232455.jpg


PC232458.jpg


PC232461.jpg


PC232464.jpg


PC232465.jpg



スタートは、ハーバー出口の一文字前から。

狭いスタートラインに全艇集まって
ぎゅうぎゅうって感じで11:00スタート。
日出一文字を目指していく。
先頭艇が13時までにたどりついたら大分港に向かうが、
たどり着かなかったら一文字往復。


PC232468.jpg


PC232471.jpg


PC232472.jpg


PC232476.jpg


PC232481.jpg


PC232482.jpg


……しかし、こんな海になっちゃった。

PC232483.jpg


さて、各艇無風の中でどう闘うか?



nice!(0)  コメント(2) 

「あそぼーい!」で遊んできた③ [旅]

23日はBOYC恒例のクリスマスレースでした。
そちらの記事を書きたいので、
先週のこの旅を急いで終わらせましょう。

PC172565.jpg


さて、一週間前は
「あそぼーい!」で地元駅から阿蘇まで行って(約1時間)、
阿蘇から大分まで下って(約2時間)、
最後に大分から地元駅(52分)という遊びでJR九州に貢献してきた私たちでした。


この記事は、阿蘇を出て阿蘇外輪山の急勾配を登る様子から。
写真は全て後ろの風景です。


PC172570.jpg


谷の向こうの国道からは
崖の隙間から列車を認めることはできますが、
全貌はわかりにくい……というのはトンネルだらけなので。

列車ではこんな感じがしばらく続きます。


PC172576.jpg


PC172577.jpg


トンネルとトンネルの隙間から。

PC172582.jpg


PC172584.jpg


長い長いトンネルを上ります。

PC172586.jpg


PC172589.jpg


幾たびも災害を乗り越え、復旧してきた路線です。
昨年の熊本地震によく耐えてくれたと思います。
あとは、阿蘇~肥後大津間の運転再開が待たれるばかり。


……

また高地の駅を通りすぎ、
馴染みの駅も通り過ぎ、
地元の駅もいつもの撮影スポットも通り過ぎ……。


PC172594.jpg


PC172601.jpg


PC172602.jpg


PC172608.jpg


PC172615.jpg


PC172617.jpg


PC172640.jpg


PC172644.jpg


すごい速さですね。
実際山間部から下るので、速いのは速いんです。


撮影しているとき、列車からはこう見えるのかと思うと、
ちょっと恥ずかしい気もしますね。

PC172652.jpg



停車中、運転席を見せてもらいました。

PC172591.jpg


PC172561.jpg




みえまち駅を過ぎたところで売店まで。
アイス買いました。
運賃以外はあんまりお金使ってません。


PC172656.jpg


PC172669.jpg



普通列車のときは、単線なので待合の時間とか多いのですが、
特急は速いです。あっという間に大分駅です。


PC172699.jpg



……次の上りまで30分。
いったん大分駅に出て、コーヒー買ってまた乗車。
来た道を戻って帰ります。

PC172701.jpg


PC172704.jpg


PC172743.jpg




……今回はここで一応「けり」を。


まだまだ車内の写真などはあるのですが、
ブログネタが切れたときにでも。


たくさん遊んでくれてありがとう。
またね~♪
と、地元駅で「あそぼーい!」を見送りました。

PC172819.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

「あそぼーい!」で遊んできた② [旅]

豊肥線を特急「あそぼーい!」で熊本方向へ上っています。


この列車は、様々に楽しめる工夫があります。
指定をとらなくても
お洒落なベンチで楽しめそうです。


PC172500.jpg


PC172502.jpg


滝水、波野辺りは標高700メートルもある高原駅で、
この日はうっすら雪景色でした。


PC172504.jpg


PC172505.jpg


波野まで上りつめると
次は、たくさんのトンネルをくぐりながら外輪山を下っていきます。


PC172509.jpg


阿蘇のカルデラの中にある町が見えてきました。


PC172511.jpg


PC172513.jpg


大阿蘇カルデラを横断して列車は西に進みます。
車窓の左手には
阿蘇五岳が見えています。


PC172525.jpg


PC172528.jpg


私たちの近くの席には静岡から来たという方が乗っていて、
ずっと楽しそうに写真を撮っていらっしゃいました。
列車の旅が大好きという方で、
仕事のついでに「あそぼーい!」に乗って、
熊本空港から帰るということでした。


阿蘇駅に到着したところでお別れです。


PC172532.jpg


PC172529.jpg


私たちは、近くの道の駅でお昼ご飯を調達。

20分後、車両は「下り大分行き」になります。


PC172530.jpg


PC172531.jpg



私たちは再び乗車、次は大分まで下ります。

PC172535.jpg


西の方向、熊本まではまだ復旧していなくて、
昔 SLにのって遊んだことを思い出すと切なくなります。


PC172541.jpg



さて、私たちはまた最後尾のパノラマシートに乗ります。


PC172547.jpg



このシートは誰も乗ってなくて貸し切り状態。
列車は東に向かい、私たちは西の方向を見ながらの旅になります。


PC172552.jpg


簡単にお弁当を食べます。
赤牛、阿蘇高菜……阿蘇の食材で楽しめました。
列車はすでに出発しています。

PC172553.jpg


PC172555.jpg



お弁当を食べ終わる頃には宮地駅。

PC172559.jpg


PC172560.jpg


阿蘇は車で簡単に移動できるエリア。
めったにJRは使いません。
こうやって、特別な列車で違った視点で移動すると
短い時間でも
見慣れた風景でも
特別な旅行気分になります。


まだ続きます。



nice!(0)  コメント(6) 

「あそぼーい!」で遊んできた① [旅]

あまり遊び歩くこともできなくなった私たちですが、
この日は母も昔の仲間と過ごすと言うことなので、
ちょこっと旅に出ることにしました。


かねてからの計画をやっと実行に移せたのです。
昨日夫が予約を取ってきました。
夏から憧れていた「あそぼーい!」にいよいよ乗るのです!


P7293245.jpg


地元の駅~阿蘇~大分~地元の駅を「あそぼーい!」で走るという行程。
所要時間は4時間半。


今日は好いお天気。
久住山もよく見えます。

PC172458.jpg



来ました!!子どもみたいに興奮して撮影。


PC172460.jpg


PC172464.jpg


PC172465.jpg


PC172466.jpg


PC172468.jpg



わあ、すごい!
ちょっと奮発してパノラマシート。
特急指定+730円。
ただ、先頭車両のパノラマは取れなかったので後方で。
いや、それでも興奮ですがな。


PC172469.jpg



駅を出てすぐ
いつも撮影する神社の杜が見えました。

P7303351.jpg

PC172471.jpg



何だか興奮している間にあっという間に次の駅。
もうじっとしてられません。
カメラを持って席を立ちます。
観光列車はカメラを持ってウロウロしても恥ずかしくないのがいいですね。


PC172477.jpg



私たちが座っている最後尾の指定席は、キャラクターののれんの奥。


PC172478.jpg


PC172479.jpg


馴染みの駅舎も違って見えますなあ!


PC172480.jpg


少し停車した後、出発。


この列車は自由席は少ないのですが、
こんな場所もあって、指定を取らなくても楽しめそう。


PC172482.jpg



PC172484.jpg


PC172487.jpg


列車は高地を進んでいくのですが、
なんと豊後竹田の次の駅は雪でした。

PC172498.jpg


……ここまで約30分。というわけでしばらく「あそぼーい!」乗車体験記が続きます。







nice!(0)  コメント(2) 

本格的な冬の到来。 [ふるさと]

今日は木枯らしが吹いて冷たい一日でした。


昨日の振休で
今日はずっと家にいたのですが、
外を出歩く気にもなれず
パソコンの前で一日 ぼーっと
遊んでました。



土曜日は暖かで、
いつもの場所で「あそぼーい!」を待ちました。
実は夫の従兄弟がこれに乗って
帰ってくるのです。


ああ、久住山も白いですね。


PC090180.jpg


PC090183.jpg



来ました。


PC090187.jpg



通り過ぎて
駅に入っていきました。
夫が駅で迎えました。

PC090192.jpg


PC090194.jpg


PC090205.jpg


従兄弟が言うには
「乗客がとても少なかった。」

そうなんだ~。
というわけで、来週辺り 
ちょっと乗ってみようと話しています。


夜は夫のいとこたちと飲み会でした。


さて、今日の夕方、
夫の従姉妹から教えてもらったやり方で
また柚子ジャムを作りました。


飲み会の時に
「簡単に作れるのよ。」と
信じられない方法を教えてもらいました。


柚子を守ろうキャンペーンの第二弾になったわけですが、
これにはびっくり。


柚子を実と皮にわけて、
皮を細かく刻みます。
それを「炊飯器」に果汁と砂糖とともに投入。


スイッチを入れておくと……勝手に炊きあがり(?)ます。


DSC_0768.jpg



ええ~って感じですが、味も悪くないのです。
柚子らしい味があってこれはいいかも。
ちょっとびっくりの調理法でした。



nice!(0)  コメント(2) 

柚子を守ろうキャンペーン( ̄∇ ̄) [美味しいもの]

わが家には柚子の木があって
毎年けっこうな実をつけている。

PC030164.jpg



実はけっこう大きい。

PB122535.jpg


年によっては柚子皮の砂糖煮にしたり
お風呂に入れてゆず湯にしたり。


が、昨年は忙しくて
料理の薬味に少し使うだけで
実を使うことはあまりなかった。


木から落ちた実がそのままになっているのは
ちょっともったいなかった。


……今年の夏、お母ちゃんが
「実を使うこともないし、あまり美味しくないから切る。」という。



……ええー(T^T)

確かに小さい柚子に比べたら大味な気はしていたが……。


……しかし、しかし、
私は、実はともかく
花とその香りを愛している。

P5129127.jpg


宇和島のレースの後の時期、
夜の湿った空気の中で漂う香りが大好きなのだ。
宇和島の海で蜜柑の花が香っていたことを思い出すんだよね……。
レースの余韻の一つでもあるのだ。



P5129129.jpg


P5129132.jpg



何とか柚子を守らねば……。
となれば、実をたくさん使って
「もったいないから切らないでおこう……」とするしかないではないか。
そこで今冬、嫁は心ひそかに「柚子を守ろうキャンペーン」を展開することにした。


その第一弾として
「柚子とリンゴのジャム」 レシピはネットから。


前の日曜日、まず、柚子を十数個収穫。


PC030159.jpg


きれいに洗って
「皮」「果汁」「中身と種」に分けて……


PC030161.jpg


ここから皮の白いところを採ったり
刻んだり
茹でたり
煮たり……と奮闘すること数時間。


写真を撮ることも忘れていた。


できあがり。

PC030167.jpg


クラッカーにのせて食べたら
まずまずのお味。
食べることに夢中で写真はなし。


お母ちゃんはお母ちゃんで、柚子の皮の砂糖煮を作ったりしているから、
もう切るとは言わないだろう……と思う。


第二弾は……ないかもしれない。








nice!(0)  コメント(2)