So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ちはやパパのハウステンボスカップヨットレース2014報告② [ヨット]

もう8月も終わりです。
夏らしくない夏でした。

夫は各地のレースを転戦して夏を謳歌したようです。
クルーの皆さん、あちこち駆けつけてくださって本当にありがとうございました。


ハウステンボスのレースは特に大変でしたね。
帰ってきた写真を見てびっくり。
ほんの数枚でしたが、ご苦労が見てとれました。


……8月24日の7時ごろ、夫に電話したら
「雨なんだよ……。」と前日の陽気さはどこにいったのかしら……という声でした。


それでもスタートのときはまだよかったそうです。

本部艇寄りにスタートして、
まずまずのスタートが切れたのだそうです。

ところが、雨は強くなり風もひどくなって、
かなり厳しい展開になったとか。
途中ワイルドタックをしてしまって
またまた反省材料を作ってしまったスキッパーぱぱです。

そんな中で、写真を撮ってくれたのね。
「行けないからせめて写真を撮ってこい!」というわがママに応えてくれたようです。

P8240306.JPG


P8240307.JPG


P8240309.JPG

これだけで十分わかりました。
これからはあまりわがママは言わないようにします。

いやいや、皆様、本当にお疲れ様でした。
顔に当たる雨粒が痛かったとか。
風邪はひきませんでしたか?


わが艇だけじゃなくて、参加された皆様、本当にお疲れ様でした。


すでにレースが終わった写真にも疲れが見えてます。
P8240311.JPG

P8240313.JPG


結果はBクラスの中ぐらい……と言ってましたが、
なかなか思い出に残るデビュー戦だったのではないでしょうか。

P8280315.JPG

このあと、ヨットを置いて帰ってきたのですが、
それがはたしてよかったのかどうか……迎えの回航で
エライ目にあってたみたいです。

「手伝いに来て……。」と電話があったのは
今週金曜日の夕刻。

土曜日の朝は門司まですっ飛んで行ったのですが、
つらい状況はすでに終わっていました。

行けないとふててた私には
一週間遅れの帰りの回航は、最後にウレシイ夏休みとなりました。
このあとはその記事がつづきます。

ちはやパパのハウステンボスカップヨットレース2014報告① [ヨット]

8月23日、レースの前日は大村湾をクルージングするという話でした。

でも、そのまま夕方まで何の連絡もなし。

私と娘のLINEの記録。

   私「今日は何も言ってこないな。大村湾で迷子になあったかな。」17:12

   娘「かなー」17:16

   私「ありー、急に心配になってきた。さては、神様に捧げた?」17:19
※夫はすでに携帯を二つ、海の神様に奉納しています。

   娘「かなー……」17:21


直後に夫から連絡があって

   私「飲んだくれてるみたいだ。心配はいらねえ。」17:24

   娘「なんだあ。」17:25


……と、ちょっと私は<(`^´)>


クルージングの後、酒盛りをして、したたかに酔っぱらって
艇長会議もベリーダンスも不参加という状態だったらしく
「こらーっ。」て感じです。

でも、こんな写真がスマホに残っているところをみると、
レースへの意欲はアルコールで消されてはいなかったみたいです。

1409008471944.jpg

1409008466332.jpg


深夜、「寝てる間にベリーダンスは終わり、花火だけ堪能した……」というメッセージが届いていました。


さて、24日のレースの朝です。
朝から雨……ということで、雨雲レーダーをみてもちょっと心配でした。

こんなとき、レースを主催する皆様のご心労は大きいと思います。
75艇と聞きましたが、参加艇が多い上にクラスがいくつもあって
スタッフは大変だっただろうなと思います。
せめてお天気が好ければ……と思うのですが。


早朝から駆け付けてくださったクルーの皆さんも大変だったですね……。


雨の中でレースは行われ、
その日のうちに夫は我が家に帰ってきました。
回航は無理ということで、ヨットは置いたまま。


じゃあ、レポートを書くぞ……え? カメラ置いてきた?

えー!?ヨットにカメラおいたまま???


というわけで、詳しいレースの様子はカメラが帰ってきてから。
(雨だったので、あまり写真もないみたいだけど。)



参加された皆様、そして、運営にかかわった皆様、お疲れ様でした!!

水のある風景 [ふるさと]

昨年は猛暑で、
ちょうどハウステンボスのヨットレースがあったこの時期に
「やっと雨が降った。」と喜んだ記事を書いていました。


今年は雨ばかり。
あまり冷たい水の風景を恋しがることもなかったのですが、
金曜日にちょっとした機会があって、
水のある風景を撮り歩いてきました。


P8225966.JPG


P8225968.JPG



P8225972.JPG


P8225982.JPG



P8225973.JPG


P8225986.JPG



P8225996.JPG


P8225998.JPG



P8225995.JPG


P8225997.JPG


P8225996.JPG



これらはみな、9万年前の阿蘇の大噴火、つまり「火」が作った「水」の風景です。


私のふるさとは、こんな豊かな水に育まれた土地なのです。


P8226002.JPG


P8226000.JPG



P8226001.JPG


……癒されたいときは言ってくださいね。ご案内いたしますよ。


ハウステンボスへ回航中② [ヨット]

20日に別府を出て、順調に回航。
一泊目は門司でSACHIIさんもご一緒にゆっくり過ごしたようです。

21日は6時過ぎに門司を出港。

1408580850466.jpg8:21

好いお天気に見えます。


……ところがこのあと午後1時前まで連絡がぴたりと止まります。


見なければよいのに雨雲の動きが気になって、
雨雲レーダーなんかを見てみると
九州北部は「警報」だらけ。

この間、雷こそなかったものの土砂降りの雨と突風に苦しめられていたそう。

1408696579499.jpg16:15

1408616310356.jpg18:59


「あと一時間で平戸」とコメントがきたものの
その後連絡なし。気が気じゃなくて。
ついに電話をかけてしまいました。


午後8時過ぎに平戸に着いたらしくて、ほっと一息の写真が送信されてきたのは午後10時前でした。
1408631701516.jpg



本日22日は、8時半出港。
針尾瀬戸まで順調な航海の写真が次々と送られてきました。

1408694012074.jpg

1408694020544.jpg

1408694027740.jpg

1408694035585.jpg

1408694042276.jpg

1408694048958.jpg


この後、大村湾に入る所でけっこう苦労した模様です。
逆潮で大変だったようです。

あ~、その様子がわからないのが残念。
でも、乗ってたら乗ってたで怖かったかも知れませんね。







13:50「着いたよ~。」と連絡。お疲れ様。

1408693889111.jpg

1408696635187.jpg


……不安定な天気が続いています。

こんな中での回航は心配しました。
ベテランのOさんが一緒に行ってくださったことに感謝感謝です。


どうか、よいお天気になりますように。



ハウステンボスへ回航中① [ヨット]

お盆休みも終わりました。

休みと言っても、掃除と料理と片づけの毎日でしたが。
ブログを書く暇もないから、かえって仕事に出てる日の方がよいのかも。

……ちょっと愚痴ってみました。


愚痴が出るのは私のノートPCがおかしくなっちゃったせいもあります。
夫のPCが空いてるので使ってます。

そう、夫は不在なんです。ハウステンボスに向けて出発しちゃったので。
これが一番の不満かも。
私は仕事がつまってて行けない……またもや おいてけぼりです。



仕方がないから、ラインで送られてくる写真を見ながら記事を書きます。


ゆうべは、深夜に「陸デン忘れた~!」と別府から電話があり、途中まで届けました。
初めからブログネタを作ってどうするの(*_*)


今朝は6時過ぎに別府を出た模様。
1408484571755.jpg


美濃崎沖が7:41。
1408512629738.jpg

今回はOさんが一緒にいてくださるので安心です。


もうすぐ関門と連絡があったのが16:22.
1408519434311.jpg


17時半ごろ門司に到着。
1408539050232.jpg


その後、こんな写真を送ってくるんですよ、会議中に。
1408539176923.jpg

とたんやる気が失せました。


……でも、大雨に遭うかもと心配してたけれど、そんな様子でもなく
ちょっと安心してます。

                        bon voyage!




ネコは見ている [ヨット]

P8125917.jpg


おや。



P8125914.jpg


今日は人がけっこういるのね。



P8125918.jpg


雨も風もどこかにいったしね。




P8125918aa.jpg

ん?



P8125915.jpg


あれは何?



P8125920.jpg


陽射しの下でよく働くことね。



…………


ふらりとハーバーに来たネコの視線を感じた。

不敵にも管理棟の階段の下に座り込んでいる。

岩合光昭さんが「ネコは人をよく観察している。」とTVでおっしゃっていた。

確かに「見られている。」

今日は好い風が吹いて、日陰は気持ちよさそうだ。

炎天下に働く人間を どう思っているのやら。

でも、おしっこやうんちはハーバーでしないでほしいわ。

前に踏んづけたのよね。


…………

ネコの写真を撮って、直後 ネコ目線で夫を撮ってみた。

管理人さんの気配を感じたのか、振り返ったときは もう いなかった。



娘に叱られる……台風の最中 [ヨット]

ノロノロ台風11号は本当に迷惑なことでした。
まだご心配な状況が続いているところもあるのでしょう。
被害に遭われた皆様にお見舞いを申し上げます。


台風一過の今日は家の周囲の草むしりや洗濯と一日がんばっておりました。
ときおりびゅっと吹き返しが来るけれど
大きな被害もなくほっと一息の大分でした。


……さて、昨夕のことです。
夫は満潮時に台風の接近が重なったので、気になってハーバーに出かけました。


LINEで写真が送られてきました。

エライ水位になってます。
満潮までまだ一時間もあるのにこの状態ですか!?
1407581970084.jpg


以前の写真から通常の満潮時を探してみました。

P2026999.jpg



昨夕は、ポンツーンへの桟橋もぐっとせり上がってますね。
1407581982928.jpg


見慣れているのはいつもこのくらい……。

P6153898.jpg



このとき娘からコメント。

「早くかえりなよー。」


15分後。

「お父さんは帰ってきてるの?」


その5分後。

「帰ってきたら連絡ちょうだい。」



その頃のハーバー。
1407582457325.jpg


1407582925820.jpg
あらまー。上架の設備があるところだよね、これ。


普通はこうです。

P3300042.jpg



続けて娘のコメントが入ります。

「いわゆる”ちょっと畑見てくる”状態になってニュースにならんように。」


こりゃ怒ってるな……と思ったら、

「キヲツケテ!」




確かに暗い中で足をすくわれでもしたら……行かせた母も叱られた気分です。

Oさんからも「一人でくるとアブナイ。」と注意を受けたそうで……。


帰り着いても、だめ押しに

「無理はせんように。」



何もなくてよかった……と、反省しきりの私たちでした。



台風11号 何事もなく通過しますように。 [ヨット]

進路といい勢力といい とても心配な台風です。

8日21時現在 この辺りはわりと静かです。
皆様のところはいかがですか?


今朝は夫とハーバーに行って台風対策をしてきました。

 8:51P8085864.jpg

まだ雨もそう降ってはいませんでした。


 8:59P8085868.jpg

ヨットの上の糞はキミ?


 8:59P8085870.jpg

すでに対岸からロープを引っ張ってくださっていました。
Kヨットさん、ありがとうございます。


 9:10P8085877.jpg

もう一本引いておこうということになって、ちょうどハーバーにいらしたN井さんが手伝ってくださいました。


11:21P8085879.jpg

大潮の時期と重なり、高潮の可能性もあり
心配の種は尽きません。
何度も何度も 舫いを確認する夫です。

11:25P8085884.jpg



とりあえず食事に出かけます。
せっかく休みをとってきたので温泉にでも……という話になって
鉄輪温泉に行って来ました。入湯料100円。



帰りにもう一度ハーバーへ。


13:35P8085888.jpg


雨が強くなり、空も暗くなりました。
皆さんは最後の対策を施しているところですが、
役に立たない私は車の中で台風のニュースをチェックしていました。

14:03P8085889.jpg


やばいなあ……。


14:21P8085899.jpg

時おり突風がくるようになりました。


心配は尽きませんが、帰ることにします。
別大国道からは荒れ始めた海が見えました。

14:36P8085907.jpg




台風一過の青空を早く見たいですね。


雨が激しくなってきました。
皆様、どうかお気をつけて。
ご無理はなさいませんように。

P80858892.jpg

 


 
 
 

下関 唐戸市場 [旅]

長門のヨットレースの帰りに下関で一泊した。
何とか予約できたホテルは唐戸市場の近くだった。


「唐戸市場にいってみようか。」と夫が言ったのは
ホテルでの朝食が終わりかけたとき。
夫はまだ行ったことがなかった。

何度か行ったことのある私は
「あ、しまった。」と思っていた。


10時前に市場に入った。
朝食をとってしまったことを後悔したのは言うまでもない。

P7215197.jpg


P7215202.jpg



P7215203.jpg



P7215206.jpg


P7215207.jpg



P7215208.jpg



それでもお寿司をいくつか買って食べた。


その後、市場の前の亀山八幡宮へ。
古い下関の写真では、道路があるところまで海が迫っていた……そう夫は語った。

P7215211.jpg


石段の下には金子みすゞのモニュメント。
仙崎から下関、彼女の足跡もたどった訳だ。

彼女はやさしい人なのに、その人生は悲しい。
P7215212.jpg


八幡宮へ。
P7215218.jpg


P7215220.jpg


夫が話していたのはF.ベアトの写真集「幕末日本の風景と人びと」。
それにこの八幡宮が載っていたのを夫はよく覚えていたらしい。
あちこち動いて構図を確かめていた。
P7215223.jpg


私はハトとにらめっこしていた。
P7215232.jpg


ここを通るCHIHAYAを写真に収めてみたい……と思いつつ
それも無理な話なので、ちょっと残念だった。
P7215233.jpg


お土産を買うために、再び唐戸市場へ。
豊かな海の幸。エネルギッシュな場所だ。
P7215204.jpg


鯨は大事なタンパク源だった。九州の山間部でも。母へのお土産に。
P7215237.jpg


P7215238.jpg


よく遊んで九州に帰ってきた。
P7215240 (2).jpg


夏の風 [旅]

台風の影響が続きます。

皆様、雨はどうですか?



湿っぽいので、山の風でもお届けします。


P7265717.jpg


夏の風山より来たり三百の牧の若馬耳吹かれけり   与謝野晶子


この写真は一週間前。馬ではなくて牛がたくさんいました。


P7265723.jpg


次の台風も気になりますね。
皆様、お気をつけください。