So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

福島のある高校の校歌 [音楽]

夫が「YouTube」からいろいろな情報を持ってくる。
この頃は高校生のマーチングなど吹奏楽が流れ、
福岡の高校の強さなど知ることになった。
  

P1012797.jpg


そのうち、きれいな合唱が流れるようになった。
今度は合唱にハマッたらしい。
自分も高校時代に合唱をやっていたので懐かしくなったのであろう。



こちらの忙しさにおかまいなく
様々な合唱とその解説が始まる。
聞き流していたが、
その中の一つに心奪われた。


福島県立安積女子高等学校(現安積黎明高等学校)の校歌である。


  ♪ 名もかぐわしき安積野や
   つたへゆかしき花かつみ
   やさしく清く心つちかひ
   いざや進まん学びの道

  ♪ すがたけだかき磐梯や
   ながれたゆまぬ阿武隈の
   こころゆたかにつよくただしく
   いざやたどらん学びの道




         ※YouTubeをご覧になった方へ
          ……リカちゃん人形が写ってる映像の歌の方がいいと夫は言ってますが、
            ここにリカちゃんが来てもなあ……


さすがに合唱では全国でも名を馳せた学校で、
合唱もすばらしいがとにかく曲が美しい。
心に染み入るような旋律である。
こんなに美しい校歌があるのかと感動してしまった。
女子校だったからかな?



安積野(あさかの)は「奥の細道」にも登場する歌枕の地である。
十七、八年前に福島県の郡山を通り過ぎ、三春、会津若松と一度だけ旅をしたことがある。
暑いときで、滝桜は葉っぱの「滝」だった。


静かで清らかな校歌の合唱を聴いていると
古歌に読まれた安積野(あさかの)の地を再び訪ねてみたくなる。

「みちのくの あさかのぬまの 花かつみ かつみる人に 恋ひやわたらん」


「花かつみ」とはいかなるものかネットで見ていると
彼の地の「ゆかしき伝え」がいろいろわかって興味深かった。
何の花か確定していないところも面白い。
郡山市では「ヒメシャガ」の花と指定しているようだ。


自分の出身高校の校歌を思い出してみた。
歴史は古い学校で共学だったけれど、なんとなく「武骨」。
それはそれで思い出深いものではあるけれど。


PB152612.jpg





nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。