So-net無料ブログ作成
忘れてはいけないこと ブログトップ

南阿蘇へ 続き [忘れてはいけないこと]

東海大学阿蘇キャンパスの構内に行きました。



大学の駐車場から撮った昨夏の写真です。
P8260411.jpg



P8260418.jpg



P8260438.jpg




今年の5月21日。


P5211593.jpg


P5211597.jpg



寸断された国道57号や豊肥線の復旧の大変さがわかります。



P5211603.jpg



立野方向から南阿蘇へのルートは
写真の橋を使うことになるみたいです。
国道57号は北側復旧ルートというのが
新たに作られるようです。


P5211601.jpg



P5211600.jpg



P5211605.jpg



P5211598.jpg



東海大学は2018年以降について
「阿蘇キャンパスの安全性を確保した上で使用可能な部分を再整備し、
フィールドでの実習を中心とした専門授業を実施する。」
とHPに書いていました。


P5211602.jpg




学生たちの姿が戻るのはいつになるのでしょうか。


P5211611.jpg




震災から一年経ちましたが、復旧には長い時間がかかりそうです。


P5211610.jpg



P5211607.jpg



南阿蘇へ [忘れてはいけないこと]

先週の日曜日は海を越えてきた(?)お客様を
白水ダムまでご案内した。

お忙しい行程の中、山奥の近代化遺産まで足を運んでくださった。


P5211568.jpg


その後、弾丸ツアーに元気よく旅立たれた。
次はゆっくり阿蘇溶結凝灰岩の石の文化をお楽しみいただきたい。
石橋、岡城趾、滝など見所満載なので。



こちらも久々に帰った娘と
阿蘇にでも足を伸ばそうかとドライブ。


南阿蘇まで地図上では直線の山道を行ったんだけど、
県道135線というのは、すんごい山道。
通ったことがあるのはあるのだけれど、こんな山道だったか!?
もしかして遠来のお客様をこの山道に誘導したのではないかと超心配。


電話をしたら、無事に国道に出られたと言うことで一安心。
言葉足らずですみません。


さて、久々に近くから見る根子岳。

P5211577.jpg


少しは傷が緑によって癒やされたかな。
昨年8月

P8260382.jpg



昨年はお店もお休みで人気の無かった公園。

P8260385.jpg


P8260391.jpg



この日は家族連れも多くて、阿蘇の山々も美しく見えた。

P5211571.jpg




国道325号線を熊本方面へ走らせる。


昨夏 閉めたままだった友人のお店の側を通ったら
あ、営業してる!!


お昼ご飯をここでいただいた。

P5211584.jpg


「お出しできるのは二つだけなの。」
久々の笑顔と明るい声に一安心。

南阿蘇は元気を取り戻しつつあるようだけど……と聞いたら、
確かに人は戻りつつあるということだった。

お店は、崩れていた駐車場、下水工事や室内などの修理が済んで
3月に営業再開。
なじみのお客さんも再開を喜んでくださっているという。

「でも、今年のGW、お店の売り上げはこれまでの最低だったのよ。」
そんな話を聞いて、もう少し早く来ればよかったと思った。

P5211585.jpg


P8260398.jpg


P5211589.jpg



青いビニールシートをかけた屋根も減った気がするし、
車も多くなっている気がする。
確かに通行止めのマークも減ってる。

P8260401.jpg


P5211592.jpg


でも……。


もう一度 あの場所に行ってきました。


見つめ直す日 [忘れてはいけないこと]

あの年は、私の仕事上の行き詰まりからぼろぼろ状態で、
深いため息をついてばかりの毎日でした。


……そんなときの「3.11」。



いろんな意味で「生き方」を見つめ直すきっかけになったと思います。




ヨットに乗るようになった
ブログを書くようになった……。
新しい自分が始まったのは、2011年の3月からでした。



P3110060.jpg



昨日で仕事のヤマを乗り越えて

今朝は久々に穏やかな朝です。

やっと大きな息を吸えるようになりました。





……今年も3月11日。


「3.11」は、「自分」「生き方」を見つめ直すひとつの節目。


気持ちを入れ替えて
また、新しい毎日を大事にしていきます。





8月某日 南阿蘇へ。 [忘れてはいけないこと]

8月のある日、夫と南阿蘇に行きました。


ちょっとした集まりがあったときに 
南阿蘇に住む友人が 
「その目で見ておくことが必要です。」
とAPUの学生たちに語っていました。
そのことを思い出したのです。


友人の奥さんは南阿蘇で小さな居心地のよいお店を出しているのですが、
お店は休業状態で
「夜は避難所に行かなくてはならない。」
7月になってもそう語っていました。

お宅を訪ねたのですが、ちょうど不在でした。

P8260398.jpg


帰り道は違う道を通ろうとしたのですが、
南阿蘇の方から国道57号に行くルートは限られています。
立ち入り禁止や段差注意の看板、屋根を覆うビニールシートの多さに驚きつつ
車を走らせました。
途中、昔訪れたペンション村の様子を見て、胸が塞がる思いでした。


P8260400.jpg


東海大学の構内に行くことができました。
美しい自然の中で多くの学生が学んだ場所には
震災の爪痕が著しく残っていました。

P8260442.jpg

P8260441.jpg



そこから寸断された国道57号や阿蘇大橋の様子を目の当たりにし、
言葉もありません。

P8260410.jpg

P8260419.jpg


P8260439.jpg


下の写真、画面の真ん中を横に結ぶ線上がかつての国道です。
何度この道を通ったことでしょう。
その上の方が豊肥線でした。

P8260432.jpg


P8260421.jpg



P8260424.jpg


自分には何ができるのかと
真剣に考えながら帰ってきました。

P8260426.jpg



一週間 [忘れてはいけないこと]

前震と呼ばれる地震があったのが先週の木曜日。

先週の金曜日、
今頃の時間はもっと大きな地震が来るとは思わずに
週末の時間を過ごしていました。


……そして一週間。


これまでになく
長く、緊張した、そして疲れた一週間でした。


確かに大きな揺れは少なくなっているようです。
昨日の午後7時前の阿蘇を震源とする地震は
ちょうど運転中で気づきませんでした。
家に帰ると義母が「また来る。」と怖がっていましたが、
大きな揺れはありませんでした。

でも
こうやってパソコンに向かっていたり寝転がっていたりすると
家がミシッと音を立て、くらっときます。
震度3以下の報道はありませんが、大地は揺れています。
それは、夜、かなりの回数にのぼります。


「いつも揺れているように感じる」「気分がふさぐ」「脚がツル」「疲れがとれない」
「鎮痛剤が手放せない」「集中力がない」「どこか過敏になっている」

……これは私の今の状況ですが、
被害のない場所の私でさえこんな調子ですから
被害の出た地域の皆さんや震源に近い場所でもっと揺れを感じている皆さんには
本当につらい一週間であったと思います。
先行きの不安を抱えていらっしゃるのですから、なおさら辛い毎日であることでしょう。


これまでに例のない地震の収束は科学者にもわからず
700を簡単に超えた有感地震の回数や
震源を示すマークがついた地図が不安を煽ります。
動くに動けない状況にもしんどいものがあります。


防災グッズ、避難経路や避難場所、非常食、非常時連絡……そういった非日常的なことが日常になっている「今」を忘れてはいけないと思って長々と書きました。


P4155492.jpg



美しい季節を楽しむ毎日が
当たり前に明日の約束ができる毎日が
早くもどってきますように。





忘れてはいけないこと ブログトップ