So-net無料ブログ作成

“秋の陣”が終わりになっちゃった [ヨット]

これは、5月のはじめ。宇和島に行く日の朝の写真です。

P5021581.jpg


麦畑がきれいで、車を停めて撮ったのでした。


P5021584.jpg


そして、10月の終わり。ほぼ同じ場所の一枚。


PA280283.jpg



季節はあっという間に変わってしまいました。



……このシーズンもよく遊びました。


“秋の陣”は、PEACECUP、湯けむりに続いて
11月1日の新門司のヨットレースに参加予定でしたが
残念ながら出場断念です。


バテンポケット、昨年破れた強風用のスピンを修理したものの
肝心のバテンが間に合いませんでした。

それにヨットを回航する時間と体力がありませんでした。
夫は風邪を引いてしまい、私は忙殺されています。

昨年のレースを思い出すと楽しかったのですが、残念。
クルーの皆さん、予定してくださってたのにごめんなさい。

元気が戻れば、Sムーンに乗せてもらう予定です。


……そういうわけで
CHIHAYAの“秋の陣”が終わってしまいました。


でも、別府はクリスマスレースというのがあるんですよね。
体調管理に気をつけて、それに備えましょう。




ちょっと一息 [ふるさと]

山に住んでいるのに
ずっと海ばかり見ていました。



気がついたら……すっかり秋色の濃くなったふるさとでした。


PA230191.jpg


PA260242.jpg


PA260243.jpg


PA260246.jpg


PA260248.jpg



ヒヨドリやジョウビタキも里に下りてきたようです。





別府湯けむりヨットレース2015⑤戦い終えて…… [ヨット]

レースもいよいよ終わりに近づいた。

PA111883.jpg


ブローへの対応に師匠もクルーも頑張った。
夫はメインシートの操作のせいで手のひらがしびれてしまった。

PA111887.jpg


PA111890.jpg


このレースでは「風」がいい構図も作ってくれた。
風に乗って走るヨットはカッコイイ。

PA111896.jpg

お疲れ様でした~♪

PA111898.jpg



ゴール。着順は6位。

PA111904.jpg


おやー、もう祝杯かな?

PA111906.jpg


CHIHAYAでもやっと水分補給できた。みなさん、お疲れ様でした。

PA111908.jpg


PA111909.jpg


PA111911.jpg



まだまだ上を目指しましょう!!



……ちょうどカメラの電池が切れた。
ついでにキャビンに降りて風邪薬を飲んだ。
のどがひりひりして唾を飲むのも痛かった。
レース中は全く忘れていたのに。


……さて、このレースで決まったこと。

PA111914.jpg


①セールの買い換えのために
私がもう少し現役で働くということ。


PA111915.jpg


②CHIHAYAのユニフォームは……


PA111918.jpg


PA111919.jpg



温泉県ポロシャツにすること。
クルーとして定期的に来てくださるゲストには進呈すること。
      (早速お師匠様がCHIHAYAのネームシールを送ってくださった。)




……風のおかげでずいぶんレースが早く終わった。


PA111923.jpg


昼食後 温泉に行ったりお昼寝したりお茶飲んだりしながら
ゆっくり過ごして 夜はヒットパレードへ!!


PA111930.jpg


PA111925.jpg

別府市長さんも参加してくださって表彰式。

PA111927.jpg



3位 ファルコン
PA111949.jpg



2位 シェンロン
PA111952.jpg



優勝 アンタレス
PA111956.jpg


疾風さんは4位で敢闘賞をゲット、シングルですごーい!
PA111946.jpg


CHIHAYAは着順と同じ6位。
5位のWhiteHawkにはもうちょっと差をつけなきゃいけなかったのね。
でも いいんだもーん♪



遠くから来てくださった皆様、お疲れ様でした。

PA111965.jpg

PA111968.jpg


PA111974.jpg


PA111981.jpg


PA111991.jpg


……そろそろ私の電池も切れかかっていたのだろう、
とっても賑やかで楽しいヒットパレードだったのに、えらく写真が少ない。


レースに参加した皆様、BOYCの皆様、本当にお疲れ様でした。
笑顔をたくさんありがとうございました。



PA121996.jpg

翌朝早く家に帰ったが
そのまま寝込んでしまった。
次の日も早引けして寝込んだ。

遊びすぎには注意しましょう。
そして、バテンはなくさないようにしましょう。

……と、今年の「湯けむり」は反省が多いこと!!


※追加

バテンが消えた悲しいセール。このとき第二バテンはまだ残ってる状況。

PA111804.jpg



別府湯けむりヨットレース2015④最後のソーセージ [ヨット]

レースはいよいよ終盤。
最後のソーセージコースに突入している。


せっかくの強風、もう少し走らせたい。

PA111800.jpg

PA111809.jpg


このとき 私は左舷側のバラストをしていた。
体をねじったとき、ジブの向こうに見え隠れするヨットがあった。

PA111812.jpg


あら?もしかして……私は体を低くするとセールの下から見えるヨットを撮った。


PA111813.jpg


WhiteHawkに追いついている!!


PA111814.jpg


WhiteHawkはセールの下に見えたり隠れたりしていたが、
やがてその姿全体が捕らえられるようになった。


PA111816.jpg


横に並んだとき、何かお互い声を掛け合っていたようだが
私には聞き取れなかった。


周南で置いていかれた雪辱だ~\(^O^)/



後方も風に乗って追ってくる。
別府の街並みを背景にたくさんのヨット。
レースに出なければ味わえない醍醐味。


PA111823.jpg



……最後のマークを回って、先行艇が折り返してくる。


PA111826.jpg


ファルコン。

PA111829.jpg


PA111831.jpg


PA111834.jpg


PA111836.jpg


PA111837.jpg


PA111838.jpg


PA111840.jpg


小春だ!


PA111841.jpg


PA111843.jpg


PA111846.jpg


PA111847.jpg


アンタレスにシェンロン。


PA111849.jpg


PA111852.jpg


PA111854.jpg


PA111856.jpg


PA111857.jpg


PA111858.jpg


PA111861.jpg


悟空が来た!


PA111862.jpg


PA111864.jpg


PA111865.jpg


PA111869.jpg


PA111871.jpg


PA111873.jpg



CHIHAYAも最後のマークを回る。「うふふ」の一枚。


PA111878.jpg










別府湯けむりヨットレース2015③第二、第三のマークまで [ヨット]

疾風さんが第一マーク回航の写真を送ってくださった。

2015ゆけむり1.jpg


2015ゆけむり2.jpg


2015ゆけむり3.jpg


この迫力ある回航シーンにCHIHAYAがいるのがとても嬉しい。「ありがとうございました。」


第一マークはどの艇にとってもワクワクする瞬間だったのではないだろうか。

PA111730.jpg



……さて、次のマークまでは前を行くヨットの「つばぜり合い」とも言うべき姿が
カメラに収められていた。

西から来るブローを制しつつ上り合う姿はとても見応えがあった。
この風ではバラスト係の私としては、
ハイクアウトしている方向の写真しか撮れない。
もっともっとドラマが繰り広げられていたに違いない。


まず ファルコンと小春。

PA111732.jpg


PA111735.jpg


悟空。

PA111738.jpg


LongLongとPeterStormが追ってくる。

PA111739.jpg


PA111742.jpg



左手海面の上り合い。
アンタレス、WhiteHawk、シェンロン。

PA111745.jpg


PA111747.jpg


こちらはファルコンと悟空。

PA111750.jpg


Bluenoteが追ってくる。

PA111753.jpg


すごい、すごい。

PA111759.jpg


PA111760.jpg


PA111764.jpg


PA111765.jpg


PA111766.jpg


CHIHAYAもマークを回って追う。

PA111768.jpg


PA111770.jpg


PA111772.jpg


PA111774.jpg


PA111775.jpg


PA111777.jpg



……さて、このあたりだったろうか?記憶が定かでないのだが。

アクシデントはもうなかろうと思っていたけれど、
もう一本、バテンがなくなっているのに師匠が気づいた。

上から二つ目。なぜ???

いつもはレース前にはしょっちゅうハーバーに通うのに
今回は足の腫れで動けなかった。やはり、点検漏れ?
メインを前のレースからそのまま付けていたのもまずかったか?
いや、もうどうしようもない。これからの教訓に。

……しかし、いつ落ちたのだろう、気がつかなかったなあ。




シェンロンとWhiteHawkが戦っている。

PA111780.jpg


PA111781.jpg


PA111782.jpg



PA111784.jpg



うちが第三のマークを回った直後だと思われる。
マークに向かうBluenote、Daisyを撮っている。

PA111788.jpg


PA111789.jpg


PA111796.jpg


このあたりは、ブローがきつかったせいだろうか、写真が少ない。
クリスマスレースの頃 こんな風が吹く。
もう!今日は冬なん!?なんて怒ってる合間にもブローがくる。
それでもさすがにお師匠様、吹き倒される感じが少ない。
水分補給をしてもらいたかったが、動くことも難しかった。

PA111790.jpg


最後のソーセージだ、ひたすら追う。


PA111797.jpg




別府湯けむりヨットレース2015②第一マークまで [ヨット]

今年の湯けむりヨットレースは風が強い。

レース前 私はいつもけっこうな数の写真を撮る。
しかし、今回は数が少ない上、ピンが合っていない。

風邪で体が動かないせいもあるが 強風が自由に写真を撮らせてくれない。

                 お天気のせいでいまいち画面が暗いけれどご容赦を。


……でも、ヨットマンはこんな風が大好きみたい。

PA111598.jpg
SKYさんだ。


PA111605.jpg
今年はユリカゴンはお休み?アンタレスで出場。


PA111607.jpg
志高さんご夫妻はいつも元気。


PA111616.jpg


PA111619.jpg


PA111625.jpg
DDBには横浜の強者が乗ってる。


PA111636.jpg




……ここでアクシデントが発生。

トップバテンが落ちそうになっているのを師匠が発見。

「セール降ろして!」なんて言ってる間に
バテンはするりと抜け落ちて波間に消えた。
「拾えるかと思ったけれど……。」と悔しがる師匠。
予備はない。
近くに来たBluenoteに「落としちゃった。」と夫が打ち明けてる瞬間。

PA111642.jpg


PA111648.jpg
この風は疾風の風?


PA111653.jpg




気を取り直して……。

PA111659.jpg


スタート時刻が近づいている。

PA111664.jpg


さて、スタートはどうするのか?
スピンを使うのか?
……いつものことながら心臓がバクバクする。


「スピンスタート!!」
話が決まると艇上がにわかに動き出した。


PA111666.jpg


迫るスタート時刻、
スピンを出す準備をするが思いの外風が強く
スピンによけいな風が入ってしまう。
バウからEさんが、K君を呼ぶ。

……手が足りないのに、私は動けない。
ああ、N浦さん、早くCHIHAYAに帰ってきて。


9:30 スタート。

PA111674.jpg


PA111676.jpg


……スタート直後はとにかく大変だった。

スピンにうまく風が入ればもっと速く走れたはずだ。
このところのレースではスピンスタートがうまくいっていたし、
大きなアクシデントはなかった。

今回は、スピンポールのネックが動いてしまった。
一度はセットし直したのだが また動いた。

スピンは定まらない。それでもスピードは出ている。

師匠はさすがにこんなときの走らせ方を知っている。

クルーはなんとがしたいが強風が邪魔をする。

「スピンを降ろしましょう!」師匠が叫んだ。

しかし、スピントリムをしている夫はあきらめきれない。

「マークも近くなっているし、無理しなくていい。」と師匠。


……オレンジのマークが先行艇の合間に見え隠れしている。



スピン撤収。
PA111681.jpg


キャビンの中からスピンを引っ張り込んだ。
そのとき キャビンから外を見るとBluenoteが見えた。

PA111683.jpg


キャビンから頭を出すと
すぐ側をBluenoteが走っている。

PA111693.jpg

PA111706.jpg

その向こうに疾風も見える。

PA111707.jpg


あそこで戦っているのはだるまとLongLong?

PA111702.jpg


マークに向かって走る先頭集団。

PA111709.jpg


スピンがうまくいっていたら……とは思うが、レースはまだ序盤。


PA111713.jpg


PA111714.jpg


PA111715.jpg


PA111722.jpg


すごい!すごい!


PA111723.jpg











別府湯けむりヨットレース2015① [ヨット]

レース前、アクシデントの予兆はあった。
宇和島の師匠は「三つのアクシデント」とブログに書いていらっしゃったが、
実は「三つ」どころじゃなかったんですよ~。



……PEACECUPの後から湯けむりの前まで
夫は足をひどく腫らしてしばらく動けなかった。

……レース後、
私は熱を出して寝込んだ。
……昨夜
やっと気力を取り戻し一回分の記事を書いた。
レイアウトが壊れ修正しようと試みたが
クリック一つで記事は消え、2時間の努力は水の泡となった。

レース中のアクシデントはそのときが来たら告白するが
今書いている記事が無事にアップされることを祈るばかりである。



さて、10月10日の午後である。


北浜ヨットハーバーではBOYCのメンバーが
ヨットの受け入れや会場準備、前夜祭の準備に追われていた。

私が駆けつけた頃には北浜公園の会場準備もほとんどできていた。
手慣れた仕事に脱帽するばかりである。


カメラを抱えて防波堤に行くと
遠来のヨットのマストが続けて入港してくるのが見えた。

「お疲れ様でした。」

PA101450.jpg


この日の別府湾はかなり靄っていて
視界が悪かったことだろう。

PA101455.jpg

PA101459.jpg
                      「いらっしゃいませ~♪」


PA101470.jpg


PA101471.jpg



ハーバーが一年中でいちばん活気づく日である。

PA101475.jpg


18時 前夜祭が始まった。

各地から集まった熱い人たちが
熱くヨットを語る空間。


PA101479.jpg


PA101482.jpg


PA101484.jpg


PA101485.jpg


PA101488.jpg


PA101493.jpg


PA101497.jpg


PA101499.jpg


PA101523.jpg



PA101544.jpg

PA101546.jpg

萬木さんたち 琵琶湖のチームが大勢で参加してくださった。


……実は前夜祭の前もアクシデントがあった。
夫が車のドアに頭を打ち付け流血騒ぎになったのだ。
このとき
心配して駆けつけてくださったのは琵琶湖のチームの方だった。
「お騒がせしました。」

脳しんとうを起こしてしばらく動けない夫を見たとき
「お医者さんはたくさんいる。」と思ってしまった私は冷たい女なのだろうか。


PA101563.jpg


PA101566.jpg


市の公園であるので8時過ぎには撤収。
皆様はどちらの温泉を楽しまれたであろうか。

にぎやかなハーバーを後に
私はその夜一旦帰宅する。
夫の鼾に師匠が悩まされないことを祈りながら。
体の節々の痛みが熱のせいでないことを祈りながら。




ちょっとお天気も体調もあやしい10月11日の朝である。


志高さんちのななちゃんは相変わらず元気だ。

PA111581.jpg


8時 艇長会議。

PA111568.jpg


PA111582.jpg

CHIHAYAのレイティングは0.79だ。



「お師匠様、今年もよろしくお願いします!!」

PA111584.jpg


みんな元気にレース海面へ。
夕べは吹きそうな予感にみんな嬉しそうだった。
果たして……?


PA111590.jpg


PA111588.jpg


PA111593.jpg


レース海面に出てみると……これがけっこうな風である。

風邪薬にぼーっとした頭を元に戻さないと
振り落とされるかも知れない……そんな不安を隠して
邪魔にならない位置を模索しているへっぽこカメラマンであった。




準備中 [ヨット]

「湯けむり」準備中の写真なんですが、
ブログでも
写真の見栄えをよくしたくてただいま調整中です。
本編 しばしお待ちください。

PA101431.jpg

PA101429.jpg

PA101436.jpg

周南PEACE CUP2015⑥帰りの回航 [ヨット]

9月23日の朝。

係留していたヨットの数も減って寂しくなった本浦の港である。

P9231138.jpg


P9231151.jpg


朝焼けの中 次々と出港していくヨット。

P9231141.jpg


LongLongも出港。

P9231160.jpg



P9231173.jpg


夫がお風呂に行くというので
その間 私は浦の集落を少しだけ歩いてきた。

P9231186.jpg



P9231190.jpg


その間にも一艇、また一艇と港を出て行くのが見える。

P9231192.jpg

P9231194.jpg

P9231210.jpg

レースの夜は
SKYさん、SACHIIさん、銀箭さんとU君がCHIHAYAに遊びに来てくださって
本当に楽しかった。笑いジワが増えたかも知れない。

ヨットの名前の由来も伺った。
その話題はいずれ。

P9231211.jpg

朝一番のフェリーでSACHIIさんは帰るという話だった。
ヤマシタさんは帰りは別のヨットで。
夜のうちにお別れの挨拶をしていたが、
朝 静かに移動されていた。


……もう少し 歩いてみよう。

P9231217.jpg



路地の間にきれいに積んだ石垣が見えたので、
そちらを登って高いところに行ってみる。

P9231219.jpg



P9231222.jpg

P9231232.jpg

P9231235.jpg


しばらく眺めていたかったけれど
帰る時間は迫っていた。


……美しくつつましく暮らす小さな港の人たち。

P9231246.jpg

P9231247.jpg



返り咲きの桜も。

P9231249.jpg



何ということはない風景だけれど記憶に残る風景。

P9231252.jpg


……ふと視線を感じた。あら、そこにいたの。

P9231253.jpg

大丈夫だよ。もう 静かになるからね。

P9231258.jpg


ヨットに戻ると出発の準備は整っていて、
慌ててライフジャケットを着ける。

「みなさん、最後の最後までお世話になりました。」

P9231259.jpg

P9231262.jpg


P9231264.jpg



P9231270.jpg
6:55



来年もまた 輝く海でありますように。

P9231279.jpg

P9231284.jpg



……帰りは風が吹いた。

P9231290.jpg


美濃崎を過ぎたところでLongLongに追いついた。
ずっと帆走していたそうだ。
それくらい いい風だった。

P9231318.jpg


……が。

別府湾に入ると風がどんどん強くなっていった。
回天の基地のあった深江の沖は13時頃。

P9231335.jpg


P9231347.jpg


東風に押されて速いのは速かったが
高崎山の近くに来ても風は強まる一方。
セールに当たる風の強いこと強いこと。


ジブを下ろすときのことを思うと不安で、カメラどころじゃなくなった。


高崎山の麓、ハーバーの真ん前。
バタンバタン風が当たって
私が舵をにぎって夫がジブを下ろす瞬間。 
それが、この三日間のうちでいちばんコワイ時間だった。


ヒュウヒュウ風がうなるハーバーに戻って
OさんやSのクルーさんが舫いをとってくださったときの安心感……。


甘えてばかりじゃだめだよな……最後はちょっとだけ反省したけれど
取り損なっていた昼食を何にするかの話題で
反省はどこかに吹き飛ばされていったみたい。



周南PEACE CUP2015⑤第三レグ~表彰式  [ヨット]

第三レグは野島を回って回天発射訓練基地跡近くのゴールまで。


Bluenoteが前にいる。
差を縮めたい。

P9220960.jpg

P9220963.jpg

P9220966.jpg


CHIHAYAもスピン。

P9220969.jpg

P9220972.jpg


しかし、もう力強い風は来ない。
なかなか差も縮まらない。

P9220978.jpg

P9220984.jpg


後方も風に苦労している。

P9220988.jpg


先行艇がゴールするのが見えた。
白い帆がくしゃっと小さくなって消えていった。


P9220995.jpg



後方は……やはり風が消えている。

P9221000.jpg

P9221003.jpg

                    野島の向こう。       


ゴールが近づいた。
風が消えてしまう前にたどりついてよかった……。

P9221001.jpg

P9221002.jpg

P9221005.jpg

P9221007.jpg


P9221010.jpg


P9221011.jpg

「写真をたくさんありがとうございました。」


風が消えてしまって、心配そうな「背中」。

P9221016.jpg


ゴールしたCHIHAYAでは
みんなで「カンパーイ!!」
しかし、楽しいレースだったねえ!!
ヤマシタさん、今回もご協力ありがとうございました!!

P9221019.jpg

P9221023.jpg



このときのビールの美味しかったこと!!

セールを片付けると
クルーを徳山港まで送っていくことにする。
私は興奮して疲れたのとビールに酔ったのとで
道中眠ってしまった。

P9221032.jpg

P9221027.jpg


今回もお疲れ様でした!!朝早くからありがとうございました!!
次は「湯けむり」。頑張りましょうね~\(^O^)/

P9221035.jpg


P9221036.jpg


P9221040.jpg


P9221042.jpg



本浦に帰り着いたときは、表彰式が始まる時刻だった。

P9221046.jpg


P9221048.jpg


P9221050.jpg



音楽付きの表彰。カッコイイ!!
ジャズも楽しんだ。

P9221057.jpg



3位はBluenote

P9221058.jpg



2位はWhite Hawk

P9221064.jpg



優勝シェンロン

P9221074.jpg


FHはCORAL REEF。
我が艇は着順5位で修正6位だった。
でも、「夫婦の絆」ということで立派な係留ロープをいただいた。
この後本気で離着岸の手順を覚えなくっちゃ……と思ったことである。

このレース、参加艇27艇中時間内にフィニッシュできたのは13艇。
後半は無風に苦しんだレースだった。


闘いの後は楽しい懇談の時間。
レースとはまた違った楽しさだ。
同じテーブルにはカッコイイ本部艇の皆様がいらっしゃって
興味深いお話を伺うことができた。


遠いところからお疲れ様でした!またお目にかかりましょう。

P9221107.jpg

P9221109.jpg

P9221128.jpg

P9221129.jpg

P9221134.jpg



周南でもスタッフの皆様には感謝でいっぱいだ。
古い体育館の裏手には
地元や周南市の レースを後援するみなさんの奮闘する姿があった。
レースを支えた方々のお一人おひとりに
心から「ありがとうございました。」

P9221114.jpg


P9221118.jpg


P9221124.jpg