So-net無料ブログ作成

宇和島に向けて [ヨット]

大型連休スタート!!


あんまり連休らしくない前半は宇和島に向けての準備です。


ずっと土日のお天気が悪く、思うような練習もできていないままでした。
それなのにまたお天気が崩れそう……ということで、土曜日に最後の練習です。
いや、いろいろな意味で「最初で最後の練習」というべきなのでしょうか。


P4260002.jpg


年度初めなのにいろいろと重なって超多忙になっている皆さん……。
疲労の色が隠せません。
でも、そんな中でちゃんと新しいクルーをスカウトしてくださっていたのです!
P4260003.jpg


みんなで海へ乗り出します。
P4260016.jpg


……穏やかすぎ!!
P4260021.jpg


スピン練習のはずなんだけど……
P4260027.jpg


P4260033.jpg


風がなくて撤収……せっかく集まってくださったのに。


出発の打ち合わせなどして解散です。
働き盛りの人たちは、連休というのに仕事のヤマ。
来週、無事にハーバーに集合できるのでありましょうか。
P4260038.jpg


風のカミサマにお願いです。
まず、仕事を吹き飛ばしてあげてください。
P4260039.jpg
スカウトされたルーキーさん、気楽に遊びに来てくださいね。待ってます\(^_^)/


P4260041.jpg


……

雨と予想された日曜日は晴れて、風がびゅうびゅう吹いていました。
植え付けした野菜の苗が心配だと母が大騒ぎして、
日曜日の午前中は畑仕事です。
しかたない、これも気持ちよく宇和島に行くための準備だ!!と
海に思いを馳せつつ、トマトのハウスを作ったり、苗にガードをしたり……。


その間にDaisyさんから「6ノットで走ってるよ―。」なんて電話があったりして……。
この風で出てるの???


午後、整備のための荷物を別府に運ぼう……という時になって
例の偏頭痛が襲ってきました。
私はいったん休憩です。夫は別府へ。
月曜日は上架して整備です。


……


夫が私の車を持っていってしまったので
頭痛がおさまった夜、列車に乗って別府まで車をとりにいきました。
車がないと月曜の仕事に困るので……。

海から離れて暮らしていると何かと不便ではあります。
それでも、こんな時間に列車に乗って別府にいくのはけっこう楽しくて、
鉄旅の気分を味わったのでありました。

P4270055.jpg


P4270065.jpg


P4270069.jpg


P4270074.jpg


別府駅にはちゃんとお迎えがきてくれていました。
Longさん、ありがとうございます~m(_ _)m
P4270075.jpg


このあと一時間かけてまた山間部に一人でもどって……。


……

今週は仕事のヤマを駆け上り駆け下りて……宇和島に着く頃にはバテてしまっているのではないかと
少々不安な今週です。










お花見クルージング  こぼれ話② [ヨット]

P4069806.jpg


人間魚雷「回天」の基地があった日出町大神地区で3年に1度の例大祭が行われた
……こんなニュースが流れていました。


お花見クルージングに行った深江で、
4月3日に設置されたばかりの実物大回天レプリカや回天神社を見たばかりだったので、
心に落ちるものがありました。


人間魚雷……戦争の狂気を思うとともに
こんなものに押し込まれた若い人のことを思うと
言葉も失ってしまいます。


一月の周南への旅で見た回天。徳山港にて。
P1046381.jpg



深江の回天のレプリカ。
P4069690.jpg


回天の空気漏れなどを調べた調整プールの跡。
P4069697.jpg


P4069701.jpg


P4069706.jpg


回天神社が遷座された住吉神社の杜。
P4069686.jpg


P4069683.jpg


レプリカを見た後、回天神社のある小山の入り口で、
地元の研究家の方が懇切丁寧に大神回天基地の遺構のことや歴史を語ってくださいました。
25日に例大祭があるということもおっしゃっていました。

P4069711.jpg


P4069716.jpg


坂道を登って住吉神社にお参りし、回天神社でも手を合わせます。
P4069721.jpg

P4069722.jpg


P4069730.jpg


P4069729.jpg


P4069731.jpg


この神社の山の下全体が回天基地の遺構なのです。
P4069739.jpg


P4069743.jpg


P4069744.jpg


格納庫の入り口の上に山桜がありました。
清楚で美しくて、その美しさが悲しく思えました。
P4069754.jpg



P4069755.jpg


この国の未来のこと、ふるさとの未来のことを考えさせられます。
理不尽なことがまかり通ることが多くなって、
最近は「報道」も信じられないと思うことが多くなった……と夫とよく話しています。

それでも「こんなことおかしい、変だ。」と闘いを続けているお友達もいます。
自分にできることは何なのだろう……と
考え続ける自分でありたいと思ってもみます。


P4069703.jpg
レプリカを背にして見た風景。









お花見クルージング こぼれ話① [ヨット]

先週につづき今週も雨。
レースの準備ができません。
週末の雨、困ったものです。
Oさんと一緒に、スピンの大きさを点検して補修まではしました。
来週は走れるといいですね。

 
さて、ヨット日記が書けないので、お花見のときの話題でも。


深江は天然の良港。漁業が盛んです。
山育ちの私にとって、港の風景は何もかも新鮮に映ります。
P4069632.jpg


P4069634.jpg


P4069641.jpg



おや、あれは何?
P4069643.jpg


ははあ、これはひじきですね。
P4069647.jpg


作業をしていた若い方にお話を聞きました。
まとめてみますと……

この辺りでは、この季節、質のよいひじきが採れます。
しかし、天日で乾かしただけでは製品になりません。
P4069648.jpg


こちらでこうやってきれいに乾かしたら、佐伯の工場に送ります。
深江には処理工場がないのです。
そこで熱湯を通す処理をして再度乾燥させ、製品にするのです。
そのときに、ひじきは真っ黒な状態になって、
あちらこちらのひじきと一緒になって「県産」とか「国内産」ということになるのです。
P4180347.jpg



ムラのないように丁寧に風を通す作業をしながら、
若い方は丁寧に説明をしてくださいました。
P4069649.jpg

P4069650.jpg


深江の方って、あたたかいです。ありがとうございました。



この時からひじきが食べたくなって……。
金曜日の夜に作ってみました。
P4200352.jpg

我ながら、珍し~。味はどうだったかな?

名残のお花見 [ふるさと]

今年も桜を堪能しました



P3279170.jpg



P3279185.jpg




夕方の光の中で。
P3279217.jpg



暖かな午後の陽射しの中で。
P3300108.jpg




風の強い夕方。
P3309286.jpg



風のない朝。
P3319298.jpg



P3319314.jpg



P3319331.jpg



P3319342.jpg




この日は、暇を見てはウロウロしました。
P4019379.jpg



P4019380.jpg



P4019386.jpg



P4019430.jpg



この桜の木は、枝によって色が違うのです。
P4019470.jpg


ピンクっぽい枝。
P4019446.jpg



白っぽい枝。
P4019448.jpg



両方ある枝。
P4019453.jpg




古池や……
P4039575.jpg




山の中のお寺の枝垂れ桜。
P4079888.jpg



P4079832.jpg

最初の写真が3月27日、このお寺の写真が4月4日。



花に埋もれて写真を撮るのは夢のような気分でした。
P4019415.jpg










マイ・桜の園  [ふるさと]

夫が育てた桜の木が今年も立派に花をつけました。


10本植えて7本生き残っていましたが、今年は一本がこの冬のうちに枯れて、6本になりました。


P4019547.jpg



P4019542.jpg



川沿いのこの場所は日当たりがよいし、国道下で北風も避けられます。


すぐ下はちょっとした淵になっていて、この日は大きな赤い鯉がゆったり泳ぐのが見えました。

P4019538.jpg


瑠璃色の光がさっと川面を横切って、「あ、カワセミ!」

……速すぎて写真に収めることはできませんでした。




6本は個性様々で、今年もカメラ修行の相手になってくれました。


P4019548.jpg



P3319339.jpg



P3309255.jpg



P4019535.jpg



P4019531.jpg



P3279206.jpg



朝撮ったのも夕方撮ったのも混じっています。

ブログ用に準備していたのですが、整理がつかなくなってしまいました。



夫も愛用のカメラでたくさん撮っていました。


IMG_8967a.JPG



IMG_9046a.JPG



IMG_8995a.JPG



退職しての初仕事は、桜の病気の枝を落として薬を塗ることでした。


P4019551.jpg




2014BOYC「お花見」の帰り道 [ヨット]

お花見の最後は風も鎮まっていました。
IMG_8973a (2).jpg



片付けもしないで夢中になっていた山桜。
P4069761.jpg

P4069767.jpg



春も大急ぎで過ぎていきます。
P4069775.jpg




港に帰ると、サテンドールはすでに出港していました。Longも港を離れます。
P4069782.jpg

P4069785.jpg



さて、我々も帰らなくては。
P4069790.jpg


最後の最後までお世話になりました。
P4069794.jpg



中津のビール飲みさんは、翌朝中津に船を持って帰ります。
P4069800.jpg



先に出たヨットが光の中に。
往路とは全く違った海の表情。
P4069810.jpg

P4069812.jpg



P4069817.jpg



でも、沖にはやはり風が残っているのでした。
P4069822.jpg


明日からはまた仕事……と、二日間目一杯遊んでいた私は
やっておかなければならない仕事が頭に浮かんできて、
ちょっと寂しい夕刻の海……なのでした。
P4069823.jpg



よいお花見でした。来年も、そして次の企画も楽しみです。皆様、ありがとうございました。
P4069682.jpg

大風にちょっと傷んだ公園の桜。



2014BOYC「お花見」② [ヨット]

BOYCのお仲間が集まった深江は天然の良港です。
昔から風待ちの港としても栄え、
今も朝市があったりイベントがあったりで
とてもにぎわうそうです。

しかし、日曜は大荒れ。
吹き荒れる風に翻弄されながら場所を探すことに……。


そして……。
P4069592.jpg

無事に始まってます。

P4069596.jpg

いろいろな料理とお酒も並びました。
P4069597.jpg


実はこんな所にお邪魔させてもらっていたのです。 
雨風を避けられる場所はここしかなかったのです。
P4069600.jpg

中はこんな状態。
よくもまあ入ったものです。
P4069605.jpg

じゃんじゃんお肉が焼かれていきます。
P4069610.jpg


ひとしきり食べた頃には、風もだんだん弱まっていました。
事業委員長さんも食休み?
P4069626.jpg

カメラを持ってウロウロできるほどお天気は回復していました。
P4069660.jpg

それでも ときおり強い風が走り抜けます。
P4069668.jpg


ずいぶん時間が経って、中津のビール飲みさんが深江にたどり着きました。
そのころは他の人たちは食べ飽きた後?
P4069687.jpg


この後、私と夫はO平さんと一緒に回天神社の方へ。
この散策のことは後日に回します。


あまりに散策が長すぎて、「帰るよ~。」と携帯に連絡があって、
急いで元の場所に帰ったら
P4069776.jpg
「来たときよりも美しく」

すっかり片付けが済んで、
ちょっと申し訳なく感じた宴の終わりなのでした。

2014BOYC「お花見」① [ヨット]

毎年BOYCがお花見をすることは知っていましたが、
地元の行事と重なって参加はできませんでした。

今年はこちらを優先。
土曜日から移動して、前夜祭からする……という一大イベントを逃すことはできません。


ところが、4月5日土曜日は午後から雨で、移動は中止。
ハーバーに集まった人だけで前夜祭です。


CHIHAYAにオーニングをかけて雨中決行。
こんなお肉を見るのは久しぶり……。
P4050127.jpg


P4050124.jpg


夫の頭は、流血騒ぎの名残。
荷物を入れてあるコックピットロッカーの蓋が、頭を直撃したのです。

後からいらしたレース委員長さんの診断は「大丈夫、擦り傷。」ということで安心しましたが……。

参加者は私どもを含めて5人でした。



……夜来風雨の声  花落つること知る多少。

夜はひどい風でした。夫は何度も外に出て、舫いの様子を見ていました。
私は、明日は中止かな……と頭上を動き回る夫の足音を聞きつつ、深い眠りに落ちていました。



が、出ています。荒れる海にもかかわらず。
目的地は深江港。
やっぱりヨットマンは……これくらいの波風は平気なんですね。
P4060129.jpg

P4060137.jpg
夫は睡眠不足?

P4060138.jpg


風がビュウビュウ吹いて寒いし、時折スプレーも。

P4060155.jpg


P4060157.jpg


事業委員長さーん、ホントに続行なんですかあ?
とは思っても、ここまで来たら引き返せませんよね。

……波にもまれて一時間。深江港に到着。

P4060160.jpg

P4060161.jpg


でも、雨は降るし、風は吹き荒れてるし……どこでどうお花見をするのでしょう?
深江港の景色を楽しむゆとりは、私には全くありませんでした。

今年のお花見は場所探しから。
強い風と横からの雨に翻弄されながら……。


続・ 桜 見て歩き [ふるさと]

駅には桜が植えられていることが多いですね。



通勤途中にある桜が見事なので、車を止めて写真を撮りに行きました。

無人駅なので、遠慮無くプラットホームに出ます。



P4019485.jpg



P4019490.jpg



P4019502.jpg



列車の到着を知らせるアナウンスがかすかに聞こえ、

上りの赤い列車が入ってきました。



P4019508.jpg


やけに停車時間が長いと思ったら

下りの黄色い車両が反対のホームに入ってきました。

一両だけなので、列車というには……?

タウンシャトルとかいう呼び方があったような……?



ほどなく合図があると、同時に出発しました。



P4019519 (2).jpg



P4019520 (2).jpg



上り。


P4019523.jpg



下りのタウンシャトルはまだ咲きかけの山桜の向こうに消えていきました。

P4019526.jpg



南三陸鉄道復旧のニュースに、東北の「春」を思いました。

別府の街で探し物 [街歩き]

この土日の話題が続きます。

日曜日の朝、ヨットでゆっくり過ごしていました。
フレンチトーストなど焼いてみました。
P3300020.jpg

そのとき、夫が落とし物に気づきました。
最近使っているコンデジの部品がないのです。
下の写真の赤くて丸い部分です。
なぜか緩みやすいのです。
P4039552.jpg


         私には心あたりがありました。
         前の晩に焼き肉屋さんの前で写真を撮ろうとしたとき、
         足下でチリリと音がしたのです。
         何か踏んだ?と思ったのですが、そのままお店に入ったのです。



……朝食を終え、風の具合を見たり船底掃除の様子を見たりしながら
ハーバーでのんびりしていたのですが、
赤い輪っかを探しにいこうということになりました。


風が強く曇り気味でしたが暖かい日でした。
P3300038.jpg


P3300045.jpg



P3300052.jpg


……繁華街の方へ足を向けます。

午前中の繁華街は静かなものです。
別府は「昭和」の空間が生きていて、懐かしいような切ないような気分になります。

P3300054.jpg


P3300053.jpg



P3300056.jpg



人と時代の坩堝のようなごちゃっとした街並み。
でも、お寺や神社などの空間がきちんとあるのです。
P3300058.jpg




探し物は……ちゃんとありました。
お店の前に。
ちょっと踏みつけられた感じはありましたが、無事にカメラのもとの位置に納まりました。


……後で写真を見ていた夫が画像に「証拠」を見つけ出し、二人で笑いました。
P3290008.jpg
お店を出た後。

ほら、ここに。
P3290008sj.jpg

もっと拡大。                   
P3290006.jpg